行政機関の助成金制度は性悪説を取り入れて作成すべき

助成金詐欺がなくならない

国や自治体にはさまざまな助成金制度のようなものがあります。
それらの制度の目的の多くは、ある制度を促進させるためとか、困っている国民などを救済するためのものです。しかし、その多くは手続きが面倒であったり、条件が複雑でさまざまな添付書類が必要だったりして、あまり利用されないまま予算が残る場合があります。

一方で、虚偽の申請をして不正に助成金を騙し取る詐欺事件も後を絶ちません。報道に載るのは氷山の一角です。よっぽど全国的な大掛かりの詐欺事件でもない限り、助成金詐欺事件の多くはプレス発表されることはありません。

何故なら、助成金詐欺事件は極めて悪質な犯罪であり、国や自治体は騙された被害者ですが、制度そのものが悪用されないようなしくみに何故なっていないのかという国民の疑念を抱かせるおそれがあるからです。

詐欺ができないしくみを考える

国や自治体は助成金制度を作るときは、国民は皆善人であるということを前提として作ってはなりません。極端に言うと自分が犯罪者になったつもりで、ある程度手続きの内容が固まってきた段階で、いかに不正な手続きをして助成金を騙し取ろうかと考えることが重要です。

私はかつて行政機関の幹部の方にこのことを助言したところ、助成金を悪用して騙し取る人をなくすことは難しいが、助成金の基本的な考え方はたとえ多少の不正受給者があったとしても多くの適正な受給者が救済されればよいと考えているとのことでした。

私はこれには納得がいかず、ちゃんとめんどうな手続きを貴重な時間を割いて一生懸命準備して申請してやっと助成金を手に入れた国民をあざ笑うかのように申請する権利が全くない(助成金支給の対象者にならない)悪人が助成金を騙し取ることによって助成金支給対象者が予算切れで支給されなくなることになるわけです(多くの助成金制度は助成金を支給し続けることによって年度予算に達した場合はその時点で制度を終了させる)。最初から多少騙し取られるのはやむをえないという発想は、最初から犯罪者を容認していることと同じです。

まとめ

助成金制度のしくみに少しでも穴があればそこから侵入して不正に受給しようとする者が確実に現れます。国や自治体の助成金制度は国民の税金から支払われます。
国や自治体は助成金制度を作るときは、犯罪者になったつもりでいかに不正に受給しようかと真剣に考え、不正受給が見破れないような箇所があれば修正しながら作る必要があります。それでもなお不正受給者を把握し、不正事実を認めた場合は、犯罪心理を抑制させるため、ペナルティーをもっと大きくすべきです。制度によっては、不正受給したことが発覚した場合、支給金額分だけを返還させる場合が多いですが、これを少なくとも倍返し、悪質な場合は3倍返しくらいにすれば抑制効果があるのではないでしょうか。

それでもなお不正受給者を把握し、不正事実を認めた場合は、犯罪心理を抑制させるため、ペナルティーをもっと大きくすべきです。制度によっては、不正受給したことが発覚した場合、支給金額分だけを返還させる場合が多いですが、これを少なくとも倍返し、悪質な場合は3倍返しくらいにすれば抑制効果があるのではないでしょうか。

社会的恒常性維持とは

恒常性維持とは

人の体は異常な状態を嫌います。異常な状態になったら生命を維持させるため、正常に戻すよう自動的に働きかけて正常な状態に戻ります。これを「恒常性維持」と呼んでいます。たとえば、運動して体が熱くなったら、体温を下げるため汗をかきます。それは熱くなったから汗をかこうと意識して汗を出すわけではなく、汗をかきたくなくても自動的に脳が察知して汗を出すよう指令を送るわけです。

また、がん細胞は正常な人間でも毎日相当な数(定説はないようですが1日に5,000個程度と言われる場合が多い。)が生まれていますが生命を維持させるために免疫細胞が直ちに攻撃して駆除します。がん細胞はもともとは正常だった細胞の遺伝子が2つから10個くらい傷ついたときに発生すると言われています。

実は、この恒常性維持の法則はあらゆる現象に通じています。

社会の中の恒常性

これは社会にもあてはまるところがあります。たとえば、もともと正常だった人間が学生時代に不良となり、大人になって反社会的勢力に入ってしまい、反社会的な行為を繰り返すようになった場合、安全な社会生活が維持できなくなるため、逮捕して身柄送検し服役させたり死刑にしたりして排除します。これはあたかも正常な細胞ががん細胞になってしまったため駆除することと似ています。

感覚としての恒常性

この「恒常性」は人間の感覚や感情にも影響を与えています。

人間は、無意識のうちに平均的なものに美しさを感じ、平常的なことに幸福感を感じます。かつて「最も理想的な美人顔、イケメン顔とは」と題するブログの中でも書いたように人間の顔は平均的な顔に安定感を感じ、美しいと感じます。つまり、平均的な眼の位置より大きく離れていたり、鼻が普通の人よりも非常に大きかったりして、顔のパーツの位置や大きさなどが普通(平均)よりもずれている場合に安定感が下がり、美しさが減少します。わかりやすく言うと、100人の不細工な顔を合成した写真は女性なら超美人、男性なら超イケメンになります。つまり、平均よりもずれた100人の顔のパーツは合成されることによって平均化され、整った顔になるため美しく見えるわけです。究極の美人(イケメン)は究極の平均なのです。

この法則に従うと最もかわいく感じる犬や猫などの動物も同じ種類の動物の多くの写真を合成したものが最もかわいく感じるものになるのではないでしょうか。

優れていることは個性

スポーツでも学問でも何かに優れているということは、本人の才能、努力、やる気などの結果であって、誰もがそうすべきだというものではありません。人間のある種の能力において平均的な能力よりも優れていることについては、その人の個性であって誰もが目指すべきものでもありません。一般的な知識や運動能力などを持っていれば、人間が普通に生きていくのには十分です。何か飛びぬけた能力を持っていれば将来生きていくのに有利なこともあるかもしれませんが、誰もが求められるものでもありません。そのような人は確率的にごくまれにしかいません。

平凡な生活は簡単には手に入らない

「平凡な生活」、「平常な社会」とは当たり前のように感じるかもしれませんが、この「平凡な生活」、「平常な社会」を手に入れることはたいへんなことです。日頃から努力を続けなければ平凡な生活を手に入れることはできませんし、平常な社会を作ることはできません。これは、人間の身体の恒常性の維持とは違って無意識に平常な状態を手に入れることはできないのです。

つまり、自分自身の外部のことである「生活」や「社会」について、恒常性を維持していくことは、その人の生き方にとって正常な仕組み、その国にとって正常なしくみをまず築かないと恒常性の維持もできません。その恒常性が理想像に向けて少しずつ進化していくことによって、人間は幸福感を増していくことになるでしょう。

特に日本の若い世代や中年層に幸福を感じられない人が比較的多いのは、年金制度の問題による将来の老後の不安、非正規労働者の貧困による生活や結婚への不安、正規労働者になれない不安、親の介護による就労不安などさまざまな不安があるためだろうと思います。将来においても人並みに「平凡な生活」を送ることが難しいのではないかと不安に思う人が多いのです。

まとめ

「恒常性維持」の概念は、人間が生命を維持するための身体のしくみに不可欠な機能であると同様に、人間が働いて生きていくための社会的な恒常性を維持するためにもなくてはならない概念です。

人間が安心して生きていけない社会は、社会として異常な状態です。これを正常な状態に戻す意識、つまり恒常性維持の意識を持って社会のしくみを修正していく必要があります。

外国人労働者の永住権緩和政策は将来AIによって職が失われる社会の考慮が必要

外国人労働者の受け入れ緩和は是か非か

政府は人手不足対策として外国人労働者の受け入れ体制を大幅に緩和する法案を提出しました。

確かに今後急速に少子高齢化が進んで人手不足がますます深刻になっていくことは間違いないでしょう。また、現在日本に約128万人在留している外国人労働者の多くは日本人が比較的敬遠するような単純労務作業に就いているため、その分野に将来も日本人が積極的に就労することは期待できないでしょう。

この厳しい現実の中でもはや外国人労働者を受け入れないという選択肢はないものと思われます。逆にベトナム人は積極的に外国に出稼ぎをしているため、既に少子高齢化になっている多くの先進国の争奪戦になっています。そのうち、日本も外国人労働者を受け入れたくても他国の競争に負けて受け入れができなくなる可能性もあります。

法改正によって永住権を得た外国人労働者が増えた社会の行く末

また、外国人労働者の社会保障制度を明確にして加入漏れがないよう管理していかないと今回の法改正により日本に永住可能な外国人労働者が今後増えていった場合、年金受給年齢になったときに満足な年金が受給できない外国人が増えることが想定されます。そうなると生活が困窮する高齢の外国人が増えて治安の問題を含めて社会が不安定になるおそれがあります。

また、少子高齢化で労働力が不足する時代が当分続くと思われますが、その間不足した労働力を補うために外国人労働者を受け入れ続けると、そのうちAIやIoTの進化・発展から、業務の自動化、AI汎用ロボットの普及によって、人間の労働力が多くの職業で不要になっていった場合、日本人だけでなく日本に受け入れた多くの外国人も職を失うことになる可能性があります。

そう考えると単純労務の仕事がAIに取って代わる可能性を検証しないとこのまま法案どおり多くの外国人が日本に永住するような社会になった場合にますます財政的基盤や社会のしくみについて解決しなければならない問題が噴き出すことでしょう。

そのときは、以前ブログで書いたようにいよいよベーシック・インカムを導入せざるをえないときがやってくるでしょう。この流れは世界的にほぼ同時に進むことが予想されます。もしかしたら、その意識が比較的遅れている日本が急速に少子高齢化と人手不足を迎えているので意外と一番早くベーシック・インカムを導入せざるをえなくなるかもしれません。

まとめ

急速な少子高齢化と人手不足は当分の間続きますので当面外国人労働者を受け入れざるをないと思いますが日本の永住権の条件はもう少し慎重に考えたほうがよいと思います。そのためには汎用型AIロボットがいつどの程度まで進化し、普及していくのか、特に人手が不足している単純労務の多い業界に外国人労働者が配置されていくことが予想されるため、そのような単純労務がAI汎用型ロボットなどに取って代わる可能性はどの程度あるのかということを早急に優先的に研究する必要があります。

そうしたタイムスケジュール感がないところで、遠い将来まで拘束される大きな改革は危険です。目の前の利益に囚われて将来取り返しの利かなくなった時代を迎えることとなった場合、何故あのときそのような制度を性急に決定してしまったのかということになりかねません。もう少し、広い視野を持って制度を真剣に考えてもらいたいものです。今さえよければ遠い将来は次世代の人が何とかうまくやってくれるだろうという安易なその場主義の政策では、かつての原発政策の二の舞になります。