睡眠不足は脳細胞を損傷させる

眠らない状態を数日間続けると死ぬ可能性がある

世の中の人々は、できるかぎり長生きしたいと考えている方が多いと思いますが、一方で私たちは睡眠によって人生の3分の1(寿命90歳とすれば30年)の時間が犠牲になっています。短い人生でこの「睡眠」をなくすことが出来れば、人生を3分の1多く楽しむことができるのでしょうが、何故人間は睡眠をとらなくてはならないのでしょうか。

人間を含む多くの生物は脳や体の活動を一時的に休止する「睡眠」を必要としますが、睡眠のメカニズムは現在も完全には明らかになっていません。しかし、いろいろな実験から動物を長期にわたって睡眠不足に陥らせると健康を害し、最悪の場合死に至ることがわかりました。

かつて、ロシアの女性医師が、子犬を何日も目覚めさせたままにして、数日間睡眠を取らせなかったらどうなるかという睡眠に関する動物実験を行ったところ、睡眠不足にし続けて数日後に子犬は亡くなったそうです。死後に解剖した結果、子犬の脳に深刻な病変が発生していたことがわかりました。

また、1898年にイタリアの生理学者が、常に散歩して連れ回すことで犬を睡眠不足にする実験を行ったところ、十分な餌を与えられていたにも関わらず、犬は9~17日後に亡くなり、解剖の結果、脳細胞や神経細胞に変性が認められたことが報告されています。

睡眠が脳細胞のDNAのダメージを修復する

また、最近新たな研究発表があり、魚の脳細胞では日中にダメージを受けたDNAが蓄積され、その修復作業は睡眠中にしか行われないことが示されました。その研究者は、生き物が眠りを必要とする理由の1つは、この「ダメージの修復」にあるのではないかとみています。

したがって、睡眠を与えないことを続けると脳に異常な状況が発生し、場合によっては死に至る原因はここにあるのではないかと思います。

つまり、起きている間に発生した脳細胞のDNAのダメージを修復させるために睡眠に入るわけですが、強制的に睡眠を与えない状況が続くと、脳細胞や神経細胞のDNAのダメージが修復されないまま、どんどん蓄積されて、最後には脳が機能不全になって死に至るのではないでしょうか。

睡眠不足が過労死の主たる原因となっている?

また、この発見によって、たとえば、過労死の原因も長時間労働と過重なストレスによって生じた脳細胞や神経細胞のDNAのダメージが睡眠不足によって十分に修復されず、損傷したDNAが時間とともに蓄積していき、やがて脳障害が発生して死に至るのではないでしょうか。

2015年12月に過労自殺した大手広告会社の新入女子社員は、投身自殺した当時は長時間労働で1日の睡眠時間が2時間の日が続いたということで、直接の死亡原因は自殺ですが、自殺しなかったとしても極端な睡眠不足が続くことによって脳疾患が発症し過労死するのは時間の問題だったと思います。

この過労死事件に限らず、多くの過労死事件は若い労働者なのに長時間労働が長期間続くことによって、脳出血や脳梗塞を発症して死亡するケースが多いのが現状です。これも過重なストレスと連日の睡眠不足によって脳細胞のDNAのダメージの修復が追いつかず、死に至った可能性が高いと思われます。

政府の対応

  政府は、2018年7月に公布した「働き方改革関連法」の中で、時間外労働時間の上限時間を設けたことのほか、「勤務間インターバル」制度を設けることを企業の努力義務とし、2019年4月1日から施行されることになりました。この制度は、1日の勤務終了後、翌日の出社までの間に、一定時間以上の休息時間(インターバル)を設けることで、働く人の生活時間や睡眠時間を確保するものです。

ヨーロッパ諸国では勤務間インターバルが既に法規制で、11時間や12時間と定めた国が多いですが、日本は特に時間は定めておらず、しかも努力義務なので罰則はありません。今後、少子化等によってますます深刻な人手不足の時代が続いていくことが予想される中で、現役の労働者の過重労働がますます懸念されることから、睡眠不足による過労死を増やさないためにもここは義務化すべきだったと思います。

まとめ

睡眠不足が続くと、「睡眠負債」として損傷した脳細胞のDNAが修復されないまま蓄積されていき、さまざまな健康障害を引き起こすおそれがあることから、日頃から十分な睡眠がとれるよう心がけましょう。

今のままでは今後もAIは人間を超えられない

現在のAIのレベル

  AIはここ数年急速に進歩し続け、AIが人間の能力を超えると言われている2045年のシンギュラリティはもっと早くやってくるのではないかという声も聞こえてきます。

しかし、現在のAIの能力ではまだまだ人間を超える目途がつかない状況です。というのはもう1回ブレイクスルーが来なければ決して人間を超えることはできないからです。その技術的な大きな壁は人間の論理的思考能力です。そのアルゴリズムはまだ発見されていません。この人間の思考回路のしくみを解明し、アルゴリズムを確立しなければ決して人間を超えることはできません。人間の脳のニューロンとシナプスをモデルとしてニューラルネットワークを発明し、機械学習と併せて、ディープラーニングを発明したことによって、AIは急速な進化を遂げているところですが、脳のニューロンをモデルとしただけではまだ人間の論理的思考モデルは得られません。

チャットボット、パーソナルアシスタントなどの質問応答にしても、所詮は人間があらかじめこういう質問があったときはこういう応答をするといういくつかのパターンを入力しておき、何か質問があったときにその質問のキーワードをいくつかに分解し、そのキーワードの組み合わせに最も近い応答例をアウトプットするだけのことです。したがって、その質問に対する応答の内容の精度を上げるためには、相当の数のパターンを入力しておく必要があります。したがって、人間があらかじめQ&A形式で入力していない内容の質問があった場合はAIは応答できないのです。

このいかにもアナログで膨大な手間暇のかかる作業から抜けることはできていません。

論理的アルゴリズムの発明が必要

これを打破するためには、根本的に新しいアルゴリズムの発明が必要となります。それには、ニューロンモデルがディープラーニングを産んだように人間の論理的思考回路の学習モデルをまず解明しなくてはなりません。

つまり、人間はある知識を記憶したあとにその知識に関する質問をされた場合、まずその質問内容を理解しようとし、理解が出来たら、あらかじめ記憶していた知識を思い出しながら、答えようとします。試験などはその典型的な行為です。

今のAIは質問内容を理解することはできたとしても、人間の「思い出す」という行為、つまり、記憶の中の該当する知識を選択し、質問内容に当てはめる行為をAIに自ら行わせるということはできないのです。考え方はとてもシンプルなのにAIが未だにできないなんて不思議ですね。

AIは記憶と計算は人間よりも優れていますが、「言語の意味」と「読解力」が不得手です。

東ロボくんも言葉の意味が苦手で東大を断念

2011年から2016年にかけて日本の国立情報学研究所(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構)が中心となって行われたプロジェクト「ロボットは東大に入れるか」において東京大学に合格できるだけの能力を身につけることを目標として「東ロボくん」の研究・開発が進められました。しかし、2015年6月の進研模試で偏差値57.8をマークするところまで成績を上げましたが、東大合格に必要となる読解力に問題があり、ビッグデータと深層学習を利用した統計的学習という現在のAI理論ではこれ以上の成績向上は不可能であり、何らかのブレイクスルーがない限りは東大合格は不可能と判断され、開発は凍結され、2016年11月に東京大学合格を断念したことが発表されました。

このAIにしても言葉の意味を理解した上で問題を解くというよりも、膨大なビッグデータの中から過去問などと照合させて最も近い答えを出すというアルゴリズムを適用させているため、本当にその問題を理解した上でAIが論理的な思考経路を辿って答えを導いたものではないということに注目してください。つまり、今のAIは論理的に100%の回答を出すアルゴリズムではなく、膨大なビッグデータの中から統計・確率的な手法で答えを出しているのです。そこには単に統計処理が行われているだけであって人間の思考方法とはかけ離れています。

AIが人間を超えるための必要条件

結局、AIに人間と同じように論理的思考をさせるためには、一つひとつの言葉の意味をしっかりと覚えさせ、読解力を養わせないと人間を超えることはできません。

人間は小学一年生から長い時間をかけて一つひとつの言葉の意味や基本的な文法を学んできました。AIには、まず、それらの基本的な国語の能力を身につけさせる必要があります。これは自然言語処理分野の研究課題となるでしょうが、早急にそのアルゴリズムを確立していただきたいものです。

その上で、膨大な知識データを利用して質問に対する回答を組み立てるアルゴリズムを発明する必要があります。

まとめ

人間が普段何気なく行っている「考える」という行為は、とてつもなく高度な行為であり、現在のAIには真似できないものです。今のAIが質問に対して答えている内容は人間があらかじめ用意した内容かまたはビッグデータの中にあるキーワードから統計的に処理してアウトプットしたものであり決してAIが論理的に考えて判断したものではありません。したがって、その回答には理由を付けることはできません。

この知識データを利用してAI自らがいろいろな事例を自己学習して、人間の質問に対してAI自らが論理的に考え、理由を付けて回答をアウトプットできれば、いろいろな場面で社会の役に立つものと思われます。

スマホを機種変更や新規購入するときのコスパ的選び方

Docomoの場合

人が何かものを購入するときは、人の価値観がそれぞれ異なるので、いろいろな基準があると思いますが、私は何かを購入するときの基準として、どちらかというとデザインや見た目よりも機能やコスパを重視しています。

ところで、私が今使っているスマホが今月末で2年の契約期限となるので、機種変更とプラン変更を考えています。

このとき、どの機種をどのプランで変更するのが最もコスパが良いのか調べましたので、これから機種変更やプラン変更を考えている方は参考にしてください。

一概に機種変更、プラン変更と言っても、人それぞれ好みの条件が違うので、これが正しい選択というものはありませんが、私のスマホの用途に近い方は参考になるかもしれません。

私は、スマホについては3大キャリアのうち絶対ココという信念はないので、いろいろなキャリアと契約してきましたが、現在、docomoと契約しています。

私の場合、スマホの用途は、Line、電話で多少使う以外は、ほとんどニュースなどからの情報収集やInternet検索しか使っていません。

私のスマホの契約内容は、基本プランは、カケホーダイライトプラン:1,700円(5分以内の通話が無料)、パケットパックは、定額料金:4,100円(データMパック(5Gb)5,000円-ドコモ光セット割800円-ずっとドコモ割プラス100円)、その他としてspモード:300円、ドコモWi-Fi利用料(spモード):300円、永年キャンペーン割引料(ドコモwi-Fi):-300円、ユニバーサルサービス料:2円の計6,002円(消費税抜き)です。

Docomo with と月々サポートとのコスパ比較

機種は1~3年前の型落ちのミドルレンジのものですが通信料は2年で本体価格の分割払いが終わった後も永遠に毎月1,500円割り引くという「Docomo with」の機種と機種は最新に近いハイエンドの機種で通信料が最初の2年間は大幅に割り引きますが、2年で本体価格の分割払いが終わった後に通信料の割引が復活して割引がなくなる「月々サポート」の機種のどちらがコスパ的に得なのかドコモオンラインショップで購入する場合を考えてみました。

私はスマホでの電話は家族以外はほとんどしないので、基本プランとして月額基本使用料をカケホーダイライトプラン(5分以内無料):月額1,700円からシンプルプラン(家族無料):月額980円に変更しようと思っています。

一方、最新の機種にこだわらず、2年を超えて使ってもいいと思っている人などを対象として通信料金を永遠に1,500円割り引く「Docomo with」の対象機種は9種類ありますが、そのうち比較的最近発売されたもので性能も良いものとして、富士通のArrows Be F-04K(発売日2018年5月25日。本体価格33,696円)を選択してみます。これに対して、Docomo withの対象外ですが最初の2年間だけ通信料金を大幅に割り引く「月々サポート」の機種として、同時期に発売したソニーのXperia XZ1 Compact SO-02K(発売日2018年5月25日。本体価格77,760円。実質負担金648円。)を選択してどちらがコスパが良いか考えてみましょう。

Arrows Be F-04Kの場合、機種代金は月額1,404円(=33,696円/24回)。Docomo with 割引 -1,500円より、基本的な総支払月額は、基本使用料980円、パケットパックとしてベーシックパック(5Gb) 5,000円、spモード300円、機種代金 1,404円、Docomo with 割引 -1,500円の計6,184円です。さらにドコモ光セット割引:ベーシックパック5Gbの場合 -800円(最大-3,500円)で、月額5,384円になります(一般的にインターネット通信会社とスマホの通信会社を同系列の会社にして契約するとスマホ通信会社の通信料が割引になることが多いのでお得ですよ。)。

この実際の支払額は最初の2年間だけでこの2年間で本体価格の支払いが完了することから、25か月後からは、本体代金月額1,404円の支払いが消滅し、月額3,980円となります。

次にXperia XZ1 Compact SO-02K について購入する場合の支払月額を見ると、機種代金は月額3,240円(=77,760円/24回)、毎月の通信料の割引-3,213円(→総額:-3,213円×24か月=-77,112円→実質負担金月額27円、2年間648円)、基本使用料月額980円、パケットベーシックプラン(5Gb) 5,000円、spモード300円、ドコモ光セット割引-800円の計5,507円となります。

しかし、ここで注意すべき点は、3,213円が本体価格からではなく通信料から割り引かれた金額ということで決して端末本体の分割払金ではないということです。

購入して2年間までは、ミドルレンジのスマホArrows Be F-04KとハイエンドのスマホXperia XZ1 Compact SO-02Kの月額料金がほとんど差がないことになるので、それだったら本体価格が2倍強のハイエンドのスマホを選択する方が多いのではないかと思います。

ところが、25カ月目からArrows Be F-04Kのほうは、端末代金の支払が完了して月額3,980円となるのに対して、Xperia XZ1 Compact SO-02Kのほうは通信料金の割引が終了し、割り引いていた3,213円が復活して、8,720円となります。

その差は毎月4,740円。この差が大きいかどうか判断するのはあなた次第です。

まとめ

今回は格安スマホの選択肢は除外し、ドコモのスマホの機種変更をする場合にdocomo with と月々サポートのどちらの対象機種を選択するのが良いのか述べてきました。

結論として、常に最先端に近いハイエンド機種を選択したい人は、2年の契約更新ごとに月々サポート対象機種のものを購入し、最先端のハイエンド機種までは求めないがそこそこ十分な機能があるミドルレンジ機種でも良いがなるべく毎月の負担金額を安くしたいという方は、docomo with 対象機種を2年以上使うことが最もコスパが良い使い方だと思います。

今回はドコモのスマホの機種変更をする場合を例に書きましたが、他の通信会社の場合や新規契約の場合も同じ考え方になると思います。

なお、格安スマホについては、月額実質負担金が2,000円~2,500円程度と3大キャリアと比べて非常に安いのですが、サービス、通信速度、セキュリティ、フリーメールしか使えないなどの面でデメリットも多少あり、そのあたりは個人的な都合や好みもありますので今回はドコモに限定して検討してみました。