不老長寿、若返り方法の発見による近未来社会の姿はどうなるのか

1 不老長寿物質の発見

かつて明治時代のころは人生50年の時代でしたが、今や日本の平均寿命は2016年の厚生労働省の統計によると女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高の年齢で、男女とも香港についで世界第2位の長寿国となっています。

人間は昔から死を恐れて、ずっと生きていたいとか、いつまでも若くいたい(特に女性)ことを願って不老不死や不老長寿の方法を研究したり、いつまでも若さを保つ研究をしてきました。
これは、栄養の向上や治療技術の発展等で寿命は年々寿命が延びたり、美容効果の技術などで見た目が年齢の割に若く見えたりする時代となりましたが、根本的かつ画期的に寿命を延ばす方法や若返る方法は見つかっていませんでした。

しかし、昨年、不老長寿の医学的方法、若返る医学的方法が発見され、注目されました。

人間の染色体の先端部に人間の寿命を決定づけているテロメアと呼ばれる構造体があり、細胞分裂するごとにテルメアが少しずつ失って短くなっていき、やがてヘイフリック限界と呼ばれる細胞分裂の停止が起きて死に至ります。これが老化の原因になっています。しかし、テルメアを長くする酵素「テルメアーゼ」が発見されました(2009年ノーベル賞)。このテルメアーゼを投与することによって、マウスの寿命が延び、またクリームを塗ることにより肌が若返ることが実証され、現在、既に商品化されています(大変、高額ですが。)。

また、体のエネルギー代謝にとって必須の物質であるNAD(ニコチンアミド・アデニンジヌクレオチド)の合成中間体であり、長寿遺伝子とも呼ばれているサーチュイン遺伝子を活性化させる「NMN」(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)を人間でいえば60才に相当するマウスに1年間投与したところ、人間でいえば20才の肉体になりました。
これは以前テレビで放映されていましたが、見た目が毛がぼろぼろで動作も鈍く見るからに年老いたマウスが、NMN投与後は毛艶もよく動きが機敏な若々しいマウスに変身していたのを見て衝撃を受けました。

2 不老長寿社会の近未来予測

現在、人間の寿命の限界は125才(現在、公式記録で過去最高齢はフランス女性の122才)程度と言われていますが、テルメアーゼやNMNの発見によって今後不老長寿のバイオテクノロジーが進歩して人間は高齢になっても若さを保ち、寿命が相当延びることが予想されます。

そのような時代が間もなくやってくる可能性は大いにあります。
そのとき、社会はどのようになっているのでしょう。また、その状態が今後延々と続いた場合、どのような問題が起きるのでしょう。

まず、若返りにより健康寿命(日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと。)が延びます。現在、健康寿命は、男性約71才、女性約74才ですが、これが90才、100才と延びていくことになります。

そうなると、将来さらに進む少子化の中で今の年金制度では財政が確実に破綻しますので、老齢年金の支給年齢はさらに高齢化していくでしょう。
それに連動して定年65才(公務員は60才)制度では、高齢者は年金をもらえない期間が長くなり、生活できなくなるため、職業安定法の改正で定年の年齢が上がります(たとえば定年80才)。
つまり、高齢になっても健康なうちは年金を支給しないので働きなさいということです。

そうなると、会社はどうなるでしょう。通常、会社の規模が拡大しない限り、定年などの退職者を補充するために新規採用をしますが、定年が80才まで延びてしまうと、その分新規採用する人数がペースダウンします。また、定年の年齢が延長されるため、昇給や昇格等もゆるやかにしていく必要があるでしょう。

したがって、本来であれば、若者は就職難になることが予想されますが、少子化も進んでいきますので、人手不足の問題は緩和されていくでしょう。
ただし、同時にAIロボットによる人間代替化も進んでいくことが予想されますので、いずれ就職難の問題が浮上してくる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です