脳は司令塔ではなかった。人体と組織社会のフラクタル構造

最近の医学研究の進歩は目覚ましいものがあり、かつて人体の司令塔は脳であるというのが定説となっていましたが、その考えは正しくないことがわかりました。
人体には約60兆個の細胞がありますが、外部からの刺激に反応して、いろいろな臓器の細胞が自らメッセンジャー物質(情報伝達物質)を発して、他の臓器や脳に伝達して、行動を起こさせるというネットワーク構造となっていることがわかりました。
たとえば、脂肪細胞は非常に重要なメッセンジャー物質を持っていて、食べ物を食べて満腹になると、小腸にある脂肪細胞が満腹になったという情報を伝えるメッセンジャー物質(レプチン)を発して、血管を通って脳の視床下部に達すると満腹中枢の細胞とレプチンが結びつき、食欲を抑えて満腹感を感じさせ食べるのをやめさせます。
見方をかえれば小腸の脂肪細胞が脳に指令してこれ以上食べるのをやめさせているとも言えます。
このようなやりとりは、臓器と脳との間で行われているだけではなく、脳を介さないで臓器と臓器の間でも血管を通ってメッセンジャー物質の伝達によってやりとりが行われています。

つまり、血管がネットワークとなり、臓器や細胞の中に存在しているメッセンジャー物質が血管を通って他の臓器や脳に伝達され、全ての臓器や細胞が一体となって人体をコントロールしています。

これを会社(人体)に例えると、ある部署(臓器)がある情報を入手したとき、その情報を他の全ての部署(臓器)と社長(脳)に伝え、他の部署(臓器)が影響を受けるものであれば、その部署(臓器)が緊急対応するとともに、社長(脳)が各臓器などにあらためて指令を出すようなものです。

考えてみると組織体と言うものは、皆似たような構造をしています。
国と地方自治体も基本的に地方で解決できるものは地方で処理し、国全体にわたるものは国が指令を出します。
世界(人体)も基本的には各国(臓器、細胞)がネットワーク(血管)で結んで貿易や情報(栄養素、メッセンジャー物質等)をやりとりしていますが、何か世界的な問題(温暖化問題、小氷河期到来問題、核問題等)が発生した場合は、解決に向けて国連や世界的な機関(脳)が協議・決定します。

これは数学的にいうと、この世の中に存在する組織体はフラクタル構造(入れ子構造)に近いものがあるのではないでしょうか。
フラクタル構造とは、簡単にいうと、例えば,樹木の枝,海岸線,積乱雲,肺や血管の構造、雪の結晶、株価の変動等、遠くから見ても近くから見ても同じ形に見える構造のことをいいます。

特に組織体を構成している各組織の数が多くなればなるほど全体を統制することが難しくなっていくので、ある程度は各組織の判断で決定して行動してもいいということになっていきます。

これを会社で例えると、小さな会社はワンマン社長が全ての社員の動きを掌握して具体的な指令を出すという場合が多いと思いますが、大企業は社長が全ての社員の行動を把握することは不可能なので、支店ごとの動きや部署ごとの動きまでを把握して会社全体の経営判断をしていくと思います。
つまり、大企業では組織体が大きくなっているので、日々の具体的な支店などの運営については支店に任せているというようなものです。

人体は約60兆の細胞から成り立っているので、脳はワンマン社長ではなく、大企業の社長となって、ネットワーク(血管)を通じて、日々の運営について任されている各支店長(各臓器)に全体的な指令あるいは特定の支店(臓器)に指令を出しているのです。

原発を廃止すべき理由

原子力発電所は火力発電所よりも半分程度のコストでエネルギー変換できるため、低コストでエネルギーを取得できるとして、経済の発展には欠かせないという政府や原子力関係者の言葉に騙されている国民はまだ多いのではないでしょうか。

この「低コスト」とは、目先だけのコストであって、最終的には処分等に莫大なコストがかかります。1つは原子力発電所の老朽化に伴う廃炉に係るコストです。この廃炉のノウハウさえ確立していない段階で核のゴミ(高レベル放射性廃棄物)処理を含めて今後莫大な税金がつぎ込まれます。
また、稼働中においても常に核のゴミが出るので、原子力発電所の敷地内に核のゴミを置くスペースももはや限界に来ています。
原子力発電所が稼働し続ける限り、この核のゴミは無限大に向かって増え続けます。その核のゴミを無害なものに処理する方法は今のところ存在しません。
地中とかどこかに捨てるしかないのです。

政府は平成12年「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」を定め、地下300メートルより深く安定した地層に処分する「地層処分」を決めました。しかし、平成14年から原子力発電環境整備機構が行ってきた公募に対して、受け入れた自治体には多額の交付金を支給するという条件があるにもかかわれず、なかなか応募する自治体が現れません。
そこで政府は、平成27年、最終処分地に自治体が応募する方式から、国が地震や火山の影響を受けにくい複数の「科学的有望地」を示し、受け入れを打診する方式として選定を主導する形に転換しました。

しかし、外国人と比べて、日本人は国民気質として総論賛成、各論反対の民族なので、原子力発電所は賛成しても自分の地元を核のゴミ捨て場所にすることは絶対に許さない民族です。
したがってても、日本において、フィンランドやスェーデンのように地中とはいえ特定の場所を核のゴミ捨て場所にすることは今後も実現しないでしょう。

しかも日本は地震大国であり、地震の発生のおそれがないということで国が核のゴミの最終処分場として指定しても、阪神淡路などかつて地震のなかった地方でも大きな地震が発生している事実がある以上、100%大きな地震が発生しないという保証は今の科学技術レベルの段階ではどこにもないでしょう。

日本では今後も核のゴミの最終処分場の決定が期待できない以上、このまま無限大に向けて核のゴミを増やし続けることはまさに自殺行為です。
たとえていうと限られたスペースの中でどんどん有害なゴミが出続けているのに捨てる場所がないことがわかっていて、かつ、有害なゴミの原因を絶つ選択肢があるのに目先の利益にとらわれて、その原因をなくさないことと同じです。

この問題は日本だけではなく、世界的な問題であり、現在、世界では核のゴミの最終処理場(地中)を決めているのは2か国(フィンランドとスェーデン)だけです。

仮に、日本でも最終処分場が決定したとしてもゴミ処分にかかるコストや周辺住民への補償金、自治体への交付金、老朽化して廃炉にするときのコスト、また地震等で設備が破壊されたときのコスト等を考えると火力発電よりはるかにコストがかかります。また、そのようなコストを無視しても現在の水力発電で得られるコストより2倍かかります。

結論からいうと、原発そのものの危険性についての議論を別にしても、核のゴミが出ないような処理技術が発明されない限り、原発は永久に稼働させるべきではありません。もし、その処理技術が科学的に不可能であることが証明されたのであれば原発は全てなくすべきです。このままだと地球自体が無制限に汚染されていき、いつか自然からの仕打ちが来るでしょう。

また、原発の稼働そのものについても、現在の地震学のレベルや日本の陸地の構造は大地震発生が避けられない構造となっており、日本のどこにおいても大地震が発生する可能性がある以上、そんな地震大国に原発を設置するのは自殺行為です。

原発を残したいという人間の心理としては、せっかく科学の最先端の技術を駆使して発明されたものだし、リアルタイムでは火力発電よりも低コストで得られるエネルギーを使うほうが今の日本経済を良くする可能性があるという理由が多いと思われますが、そういう人は日本や世界の未来像を考えたことがあるのでしょうか。
原発はリアルタイムでは確かに他のエネルギーよりは比較的コスト安ですが、長い目でトータルで計算すると原発は高コストなのです。

ドイツでは、7年前に福島原発が地震でメルトダウンした事故を知ってから、すぐに全ての原発を廃止し、太陽エネルギーや火力発電などに切り替えることを決定しました。リアルタイムではまだ原発よりもコスト高になっているそうですが、その決断はさすがドイツ人だと敬服します。

原発の被害をまだ受けていない外国でさえ将来のとりかえしがつかないリスクを予想してすぐに原発を廃止したのに、取り返しがつかない原発事故を発生させた地震大国の日本がこれからも原発を稼働させていく方針をとっているのは異常な国であると言わざるを得ません。
これはやはり国の将来の安全よりも目先の大きな利権が原発の撤廃を阻止しているとしか思えません。

日本人は職人気質のところがあって手間暇かけて長い間続けてきたことを廃止して(あるいは変えて)、何か新しいことに変革することがなかなかできない国民だと思いますが、将来取り返しがつかないときを迎える前に今決断をすべきです。

一生に一度は絶対に行く価値のある秘境

私は若いころは全国のいろいろなところに旅行しました。その中でも最も感銘を受けたのは迷いなく知床にある「カムイワッカの湯の滝」と言えます。
私は若いころ友人数人と東京から車で夏場に2回ほどカムイワッカの湯の滝に行きました。
そこに行くには舗装されていない長く狭い道を車で行くしかなく、駐車できるスペースもあまりないため、大勢の観光客が来るようなところではありませんでした。
しかし、今は有名になってしまったので知床自然センターからシャトルバスが出ているそうです。また、観光客がにぎわう8月1日から8月25日の間はマイカー規制があって車とバイクの乗り入れは出来ないそうです。
完全な秘境に近く、人間の手がほとんど加わっていないところです。したがってトイレもありません。

当時はまだ世の中にあまり知られていなかった秘境で、そこは大量の温泉が湧き出て渓流となっています。渓流の底は岩場となっていて、渓流の深さは浅いところで足首当たり、深いところで膝くらいまでです。渓流は酸性度の強い温泉なので生物は住んでいないそうです。

その渓流の中に入って岩場を登っていきます。渓流の温度はちょうどぬるい温泉の温度なので、とても気持ちがよく大自然の中を沢登りする体験は一生に一度味わう価値があります。
途中で岩場をロープを伝ってよじ登ったりしなければならないところも確かあったと思うので小さな子供や老人は危険かもしれません。

その渓流をしばらく登っていくと滝と滝つぼがあるところに到達します。
そこで当時は裸になって滝つぼの温泉に入りました。滝つぼは1つだけで、男女用に分かれていないため、当時は、滝つぼの端に男女ごとに見張りを立てて、男女交替で素っ裸で滝つぼに入ったと記憶しています。
しかし、2回目に訪れたときは、既に有名になっていたので、滝つぼには男女混浴で水着で入っていました。

滝つぼの温泉の色は普通の温泉では見たこともないあざやかなエメラルドグリーンの色をしていました。
滝つぼの深さは腰から胸のあたりだっと思います。
私は好奇心が強い性格なので、そのすばらしいエメラルドグリーンの温泉を飲んでみたくなりました。
当時はまさにあまり知られていない秘境なのでその温泉を飲めるのかどうか一切表示などされていないので飲んでいる人は一人も見かけませんでした。しかも生物が住めないような強酸性の温泉なので飲んではいけなかったのかもしれませんが私は思い立ったら何の躊躇もなく少し味わってみました。

私はその味にびっくりしました。
まさに酸っぱいレモネードの味でした。

これは信じられないかもしれませんが、カムイワッカの湯の滝の温泉をそのまま喫茶店に出しても何の違和感もなく飲んでしまうほどおいしい味でした。私はもともと酸っぱい味が大好き(たとえば、バナナもまだ甘くなる前のすっぱ味が残っている若いバナナが好きだし、イチゴやかんきつ類も酸っぱいものが好き)なので余計に感動しました。

その温泉を飲んでいいのかどうか未だにわかりませんが、その後健康上何も変わらないので飲んでも大丈夫だと思います(ただし、大量には飲まない方が無難だと思います)。

また、滝つぼのところの滝の脇の岩場をロッククライミングしている若い男がいましたが、途中で墜落しました。幸い奇跡的に大けがには至らなかったようでした。当時は滝のロッククライミングをする命知らずの者が何人かいましたが、そのような危険なことは絶対にやめましょう。

この世界でも奇跡と言えるカムイワッカの温泉は一生に一度は人生の思い出として、沢登りできなくなるほどの老齢になる前に絶対に行く価値はあります。

知床は世界遺産になっていますが、このカムイワッカの湯の滝はその世界遺産の中の世界遺産だと思います。

AIの最大の構造的弱点とは

2045年は「シンギュラリティ」と言ってAI(人工知能)が人間の知能を超える年と言われています。しかし、AIには残念ながらまだ人間を超えられない致命的な弱点があります。AIの得意な点は、膨大な情報(ビッグデータ)の中から従来の経験値に照らして最良の選択肢を瞬時に(あるいは相当短時間に)決定できることや経験がなくてもAIが自ら学習(ディープラーニング)して短時間で経験を積むことができるという点です。

たとえば、AIが世界のトップレベルの囲碁のプロに勝ちましたが、これは囲碁のルールを教えることなしに過去の数千万回の囲碁の対局のプロセスを記憶させて、AI同士で対戦させて経験を積ませ、ルールや戦術を学習し、進化していった結果、人間を超えることができたのです。

つまり、これはどういうことかと言うと、あらかじめ完璧な戦術や理論を覚えこませたわけでなく、人間が長い年月をかけて経験を積んで覚えた戦術を短時間に覚えて強くなるのです。

したがって、AIを人間に例えると、人間が過去の膨大な経験によって蓄積したデータを全て記憶し、戦局の状況にしたがって過去のデータと照合させて次の一手を選択するようなものです。ある意味極めて人間的であり、人間の思考回路に似たアナログなスーパーロボットのようなものです。

そこには論理的な思考回路というものはありません。全て、ビッグデータに基いて統計的、確率的に判断しているのです。
したがって、データが少なかったり、経験のない(類似のデータがない)状況に直面したときにAIが判断することは難しいでしょう。
また、プロセスにいろいろな選択肢がある場合、必ずしも100%正しい答えが出てくるとは限りません。

AIの囲碁でもプロ棋士では絶対に打たない素人のような手を打ったとしても何故そのような手をAIが打ったのか人間は解説できません。AIも膨大なデータからベストな手を選択しただけであって、AI自身も何故その手を打ったのか説明はできないのです。
したがって、今のAIではプロ棋士の対局を論理的に解説することは難しいでしょう。

ここでもうAIの弱点はおわかりになったと思いますが、いくつかの判断要素が必要な思考パターンにおいては、従来人間が判断していた過去の多くの経験のビッグデータをもとにベストな答えを選択することしかできないので、100%の論理的思考によって正解を導くことができないということです。

よって、100%正しい答えを求める問題についてはAIは不向きです。
ファジィな判断要素が入らないプロセスであれば、AIよりもRPA(Robotic process automation)のほうが得意であり、100%の正解が期待できるでしょう。しかし、RPAは人間の知能を超えることはできません。
なぜなら、RPAは人間が行うパソコン上の操作をそのまま認識して、自分で短時間に人間の操作を再現するだけなので、人間の操作を超えてRPAの判断でパソコンを操作することはできないからです。

したがって、物理や数学の難解な問題を解くことについては、過去の膨大な経験値からベストな答えを導くものではないのでAIには難しいでしょう。これが可能となれば将来AIがノーベル物理学賞やフィールズ賞がもらえる時代が来るかもしれません。

人間の強みは、想像力、仮説力です。

新しい発見をする場合は、ある仮説を立ててみて、その仮説によって実際の観測結果が説明できることが少なくありません。

これは、まだAIは人間にかないません。この人間特有の論理的思考から生み出される想像力、ひらめき、インスピレーションのような思考回路は、AIは不得意です。AIが絵を描いたり、小説を書いたりするのも最初は人間がAIにきっかけを与える必要があります。2045年のシンギュラリティの時は、AIはこの課題をクリアしなければ人間を超えることはできないでしょう。

シンギュラリティが実現するためには、AIがビッグデータに頼らなくても論理的に思考でき、仮説を立てられる能力を取得することが必要でしょう。

 

働き方改革を進めるにはRPAの導入が必須

日本は先進国の中では労働者一人当たりの労働生産性が非常に低い状況にあり、一人当たりの年間実労働時間は毎年少しずつ減って1700時間台になっていますが、これはパートなど非正規労働者の割合が増えていることが主な原因で、正規社員についてはこの20年間は年間2000時間くらいでほとんど減っていません。
政府は、長年低迷している個人消費を伸ばすことを目的の1つとして「働き方改革」を重点政策として積極的に取り組んでいます。
しかし、ホワイトカラーなど事務系の仕事については、なかなか業務の効率化が進まず、その結果労働生産性が向上していないのが現実です。
そのような社会の中で、相変わらず日本特有の現象である「過労死」や「過労自殺」が後を絶ちません。

ところが、2016年後半あたりから、労働生産性向上・業務効率化の画期的なツールが注目され始めました。

それが、「RPA」(Robotic Process Automation)です。

これは、簡単に言うと、ソフトを使って人間の判断要素が入らないパソコン上の単純な人間の入力操作や定型的な人間の入力操作をソフトが自動的に読み込んで、その後ソフトが自動的に人間の作業に替わって仕事をすることをいいます。

日本でも2017年から金融機関や大企業を中心として本格的な導入が急ピッチで行われています。

たとえば、ある生命保険会社は16業務にRPAを導入して5年間で1億4000万円のコスト削減ができると試算しています。
また、ある大手の商社では、年間130時間を要した作業がRPAの導入によって年間30時間で完了できるようになり、多発していた入力ミスも激減しました。

ただし、RPAは汎用型AIロボットのように人間に替わって判断をしながら仕事をすることはできないので、RPAにやってもらいたい一連の仕事の中に人間の判断要素が含まれている場合は、そこで作業がストップします。
したがって、RPAをうまく使いこなすためには、人間が判断して行うパーツを除いて、人間の判断を要しないパーツのみRPAに操作を記憶させるという人間とRPAを複合した「ハイブリッド型」の作業を進めればよいでしょう。

10~20年先には、日本の労働人口の49%はAIが人間に替わって仕事をすることが可能であると発表されています(野村総合研究所)。この波はもはや止めることはできません。なぜなら将来AIを導入しなければ、導入した同業者に負けて生き残れなくなるからです。

しかし、一部の大企業は別として、一般的な企業ではいきなりAIを導入することは、長い期間と多額の資金が必要なのですぐにはAIを導入することはなく、その前の段階として、数日から数週間で導入でき、しかも安価(一般的に年間数十万~数百万)なRPAから導入し、その後人間の判断を要する作業についてAIを導入していくという流れになるでしょう。

また、これからは少子化が進むことによって人手不足がますます深刻な時代を迎えます。人手が足りない分、限られた時間の中で多くの仕事をしていかなければならないので、このままでは過重労働はなかなか減らないことになります。
したがって、人手不足の解消や過重労働防止対策のツールとして、RPAの導入は避けて通れない時代となるでしょう。

私が今働いている職場は30人程度の職場ですが、2018年度からRPAを導入しようと考えています。
導入した暁には、そのノウハウなどをこのブログでお知らせしたいと思います。

笑いの構造

人間は何故笑うのでしょうか。
人間以外の動物は決して笑うことはありません(笑って見えるような場合もありますが)。
犬でも喜び、悲しみ、うれしさ、怒りなどの感情表現はしますが笑う感情はありません。笑いは人間独特の高度な生物特有の性質です。
人間は、普段の自分の身の回りの出来事と違う出来事で、かつ想定外の出来事を見聞きしたときに一瞬驚きの感情が沸きます。
「アレッ!おかしいな?どうしてだろう?」という考えが一瞬に脳をめぐり緊張感が走ります。
そしてすぐそのあとにオチが来て、「ああそうだったのかー」とほっとした気分になり、緊張が解けて頬が緩み笑いになるのです。

笑いの構造は4コマ漫画と同じく起承転結が基本
起   話の始まり
承   話の展開
転   話が急転→アレッ?と思わせる→一瞬緊張する
結   話のオチ→そうだったのか→結末に納得し緊張がほぐれ笑いとなる。

ここで漫才であればボケの後に相方がツッコミを入れます。ツッコミを入れることによってボケが引き立ちます。
ボケたままで終わってしまうと一瞬ボケた意味がわからず間が空いてしまい一瞬緊張感が走りますが、すぐにツッコミが入ることによって、ボケた意味がすぐに理解し、ホッとして気が緩み、ツッコんだ相方と共感が生まれ、ボケの普通でない言動や行動に興奮を覚え笑いとなります。

人間は普通でないことに対して不安を感じますが、話のオチやツッコミによって納得感が生まれ、その興奮状態を発散するため笑いが生じるのだと思います。

したがって、笑いを取りたいのであれば、普通の話の流れでは緊張する場面がないことから絶対に笑いは発生しませんので、「起承転結」の「転」のところで必ず普通でない状況を作り出す必要があります。
そして、次の「結」のところで、「転」とのギャップが大きければ大きいほど驚きも大きくなるので笑いも大きくなります。

たとえば、「起」として、ある通りで後ろ姿が髪型、髪のつや、ファッション、ミニスカートから出たスリムな脚、ハイヒール、歩く姿勢などから、およそ年齢が20歳代の美人を想像できるような女性が歩いていたとします。
次に「承」として、その後ろ姿を後ろから歩いていた30歳代の独身男性が一目ぼれして、声をかけてみようと決心します(いわゆるナンパ)。
次に「転」として、声をかけて振り向いた女性は何と見た目が70歳代の高齢者でした(実際に私も顔だけ見なければどう見ても20歳代に見えるご高齢の女性を何度か見かけたことがあります。)。ただ、ここまでで話が終わるとただの驚きで終わってしまい、見た目の年齢とファッションのギャップに驚くだけで多少の笑いが取れるだけだと思います。
最後に「結」として、ドン引きした男性がどういうふうにナンパを解消するか困っている姿に声をかけられた女性が積極的にナンパを受け入れようとするシチュエイションを表現すれば、その「想定外」の状況に笑いが生まれるのです。

この「笑い」とは違って「微笑ましい」、「嬉しい」という状況があります。
しかし、これは「笑い」とは心理的に異なるものです。たとえば、かわいい子犬や子猫を見て「かわいい」と感じて思わず微笑んでしまうのは面白くて笑うわけではありませんよね。これは、嬉しいときや喜びを感じるときに微笑となって表れるものです。この喜びの表現は人間独自のものではなく犬でも嬉しいときなどはシッポを振って喜びを表現します。

以上、笑う条件としては、笑う直前に「驚き」や「意外性」の状況が必要条件となるでしょう。普通の話の流れだけでは決して笑いは生まれません。
笑いネタを作るってたいへんですね。漫才やギャグ漫画のネタ作りに敬意を表します。

「飽きること」との闘い

人間は何かに熱中していてもやがて飽きる時期がやってきます。
人間は同じ刺激が与え続けられるとその刺激に慣れてしまって、さらに強い刺激がなければ次第に反応が鈍くなっていきます。
うちにはベルという9歳のオスのトイプーを飼っていますが、たまにぬいぐるみに夢中になって遊びますがすぐに飽きて見向きもしなくなります。
人間も犬と同じく、いったん何かに興味や好奇心が沸くとその好奇心を満たすための一種の精神的な飢餓状態になりますがその飢餓状態が満たされれば好奇心はなくなります。
これは食欲と同じです。飢餓状態でごちそうを目の前にしたときは早く食べたいと思うでしょうが、満腹になったとたんにごちそうは目に入らなくなります。

しかし、食欲と好奇心の違いは、食欲は時間が経てば再び空腹となるので繰り返し食欲がやってきますが、好奇心は普通はそれが満たされれば再び同じ好奇心がまたやってくることはありません。
何故なら、その好奇心は1度経験して結果がわかっているので「もう1度知りたい」という欲求が生まれてこないからです。

しかし、たとえば自分が好きな趣味などは繰り返しても同じような快感(ドーパミンが出る状態)が得られることがわかっているので繰り返し行っても飽きるということはあまりありません。

商売は「消費者の飽きとの闘い」
商売も同じです。
ゲームや音楽が流行ったとしてもやがて飽きられますので別のゲームや音楽をリリースし続けていかないと事業は継続しません。
「飽きる」という人間の本能は、経営者にとっては生死にかかわる非常にやっかいなもので、日々商品開発の努力をしていかなければ生き残れません。

しかし、マクロ的に世の中を見ると、「飽きる」からこそ、次の新たな商品が生まれ、進化を遂げていくことになります。つまり、文化や文明の発達は、この「飽きる」現象があるために、より飽きないものを作り続けていく原動力が生まれてきたのだと思います。しかし、人間個人にとっても「飽きる」ことは、いろいろな障害になることが多いのが現実です。いわゆる「三日坊主」もその類になりますが、何かの目的をもって何かを始めるときに3日で飽きてしまい、それ以上続けることができない状態をいいます。
この3日を乗り切るためには、相当のモチベーションや継続するための工夫が必要となります。

「生きる意味」とは
また、よく定年後に自分はこれといった趣味もなく、1日中何もすることがなく、ときどきテレビを見るくらいで毎日が終わってしまうので生きている意味があるのだろうかと悩む方がいるかと思います。

よく、サラリーマン時代に家庭を顧みず、バリバリの仕事人間だった人が定年になって会社を辞めて気が付いたら何もすることがなくなったと燃え尽き症候群になる場合があります。
何もすることがないので生きている意味がないという理由で誰にも迷惑をかけないで死ぬことは自由ですが、この「生きる意味」というものは、もともと人間を含めて生物には存在しません。

人間(生物)は現象的に生まれ、現象的に死にます。何も意味があって生まれたわけではありません。それはある男女が運命的に出会って愛を誓い、子供を授かって子孫を残していくという美しい人間像、社会像を描くことはできますが、それも生物学的には生物の本能がそうさせているのです。

私もこのブログを読んでいるあなたも自分の意思でこの世に生まれたわけではなく、人の手によって誕生させられたわけです。しかし、両親は子どもが自然に死を迎えるまでは自ら命を絶つことは望まないでしょう。つまり、両親は子供に対して意味ある生き方を望んでいるわけではなく、不自由なく生きていることだけで十分なのです。
そもそも平穏、平凡に生きていくこと自体が難しい時代になっています。かつて国民は皆中流家庭の意識を持っていましたが、いまや時代とともに富裕層と貧困層に2極化しています。これからの貧困層は結婚して2人の子供を設け、家を持つというかつての人並みの生活を維持していくことがだんだんと難しくなっているのではないでしょうか。このままでは少子化がますます深刻となり国は衰退していくでしょう。

話が少し逸れましたので、少し元の話に戻しますが、「生きる意味」は特に絶対的には存在しません。生きることに意味を持たせるのはそれぞれ個人が決めることです。「このように生きるべきだ」と説教することも意味がありません。価値観は人それぞれだからです(ただし、人に迷惑をかけるなど社会的秩序を守らないことは別です)。自分が思う価値観について人に共感を求めることは自由ですが、人に強制することはできません。

退屈感を解消するには
「何をしてもすぐ飽きてしまう。退屈で退屈で死にそうだ。これから何を楽しみに生きていけばいいのだろう。」と思う方は一種の贅沢病(退屈病)なのいかもしれません。生き続けていくこと自体がたいへんな時代に一生懸命生きている人にとって、何もすることがなくて退屈だと感じる時間や心の余裕はありません。悪く言うと「貧乏暇なし」です。

かつて人類は狩猟の時代で日々生きていくことが精いっぱいの時代から少し時間のゆとりができて、いろいろと考える時間ができたおかげで科学が発達し、文明が栄えてきました。したがって、毎月100時間以上残業をさせるような会社は現場においてアイデアが生まれる余裕がなく会社は発展しないでしょう。

しかし、日々たいへん仕事で忙しい人でも休日は好きなことができるのであれば、さきほどの退屈病は誰でも起こりうることです。この感覚は、退屈であることが苦痛に感じる人と休日に1日ボーッとして過ごしても何も苦痛を感じない人もいるため、一概に退屈病が非難される筋合いは全くありません。
たとえば、小さな水槽の中で泳いでいる金魚やメダカは何が楽しみで生きているのだろうと思うと生きている意味がわからなくなります。人間から見て退屈そうの見えても金魚やメダカには全く退屈感がないのだろうと思います。
うちのベルも1日中寝ているかエサを食べているかのどちらかです。

退屈感を紛らわしたいのであれば何か1つ趣味を持つことが1番でしょう。

すぐ飽きてしまうことについては、そこまでのモチベーションしかなかったということですぐに目的をあきらめるか、モチベーションを奮起させて継続力を高めるしかないでしょうね。

世の中の真理とは何だろう

一般的には「真理」とは、「時間的、空間的に不変な物の考え方」と定義づけることができます。
この定義にしたがって、真理を追究する学問にはどのようなものがあるか検証してみましょう。

まず、「法律学」はどうでしょう。
法律は同じ国でも時代とともに社会や国民の意識が変化していくので、法律も時代とともに変わっていき、また、国によっても法律はまちまちです。したがって、法律学に「真理」というものはありません。まさに時間的、空間的に変化していくものです。

次に、「数学」はどうでしょう。
代数学については、数字は人間が定義づけたものであり、数字や文字を使って、たとえばAが成り立てばBが成り立つとか、ある未知数を使って方程式を立てるなどある現象を数式で表すときなどに使うもので、自然現象や社会現象のふるまいを数式で表現するツールの役目をしています。したがって、数学自体は真理の追究というよりもいかに役に立つツールを見つけるかとか公理や定理を表すものだと思います。また数学の未解決問題については、解の探究であって真理の探究ではありません。

次に「経済学」はどうでしょう。かつては「マルクス経済学」も大学で盛んに研究されていましたが、今は資本主義を中心とした近代経済学が主流です。
経済学は、科学技術や文明の発展にしたがって変遷していくものであり、国の事情や文化によっても異なってくるので、絶対的な真理というものはなさそうです。
将来の理想的な経済社会を求めて研究はされているとは思いますが…。

「物理学」はどうでしょう。
少なくとも地球上における全ての物理現象については、地球上のどこで実験や観測をしても事実は1つだけだと思いますので真理という概念が存在するでしょう。しかし、これがたとえばブラックホールの近辺ではどうかとか宇宙の環境が異なる場所では違った法則が成り立つ可能性が高いかもしれません。
しかし、そのように宇宙環境が極端に違った場合でもそのような条件のもとに物理法則が成り立つので、いかなるとき(たとえば宇宙誕生という事実が仮にあるとすればそのときなど)、いかなる場所においても物理の法則は決定されることが期待されるので物理学には「真理」というものが存在しうる学問だと言えます。
かつてのローマ帝国は聖書が唱えている「天動説」(地球は宇宙の中心にあって静止しており、全ての天体が地球の周りを公転しているとする説)が当たり前の時代であり、「地動説」を唱えたジョルダーノ・ブルーノを火あぶりの刑に処したり、ガリレオ・ガリレイを終身刑に処したりしていました。
誤った法律によって「真理」が捻じ曲げられていたわけです。
しかし、その後コペルニクス、ケプラー、ニュートンらの出現によって天動説は完全に消滅しました。

しかし、現代の物理学においても必ずしもまだ「真理」であるとはとは言い切れない理論がいくつか残っています。
それは、「ビッグバン宇宙論」と「特殊相対性理論」です。
この2つの理論は既にグローバルスタンダード化していますが(特に日本では強く支持されています)、私はこの2つの理論は現代の「天動説」に近い理論だと思っています。
いつかこの2つの理論が誤りであったと気づく時代が来ることでしょう。

これからは地球寒冷化対策が急務だ

2015年に英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームの発表によれば、2030年から太陽活動が現在の60%に低下し、地球はミニ氷河期に突入するとの発表がありました。
太陽は表面にある黒点の数が多いほどエネルギーが強く、少ないほど弱いことが知られています。この黒点の数の多さが11年周期で変化しています(何故11年なのかは未解明)。ところが、この周期に乱れが生じてしばらくの間黒点がほとんど消えることがあります。このとき地球上はミニ氷河期になります。
そして、昨年は1年のうち300日間黒点が現れなかったので既にミニ氷河期に入りかけているという説もあります。そして、このごろ世界中を襲っている大寒波もミニ氷河期の予兆ではないでしょうか。

もっとも最近のミニ氷河期は、 1645~1715年に発生した「マウンダー極小期」と呼ばれるものでこの間は太陽の黒点は極端に減少しました。イギリスのテムズ川が厚さ1.5メートルの氷で覆われました。
日本では江戸時代で飢饉が相次ぎ、徳川幕府が倒れたきっかけとも言われています。
また、ミニ氷河期の時代は食糧危機となって世界情勢が不安定となり、いたるところで争いが発生しています。

今度ほぼ確実にやってくるであろうミニ氷河期においても世界中で食糧難が深刻な状況となり、どこかで戦争が始まる危険性もあります。飢饉や病気で約20億人が死亡するであろうとも言われています。

もう既にミニ氷河期は始まっているかもしれないので、地球温暖化対策など悠長なことを言っている場合ではないでしょう。

過去の例をみても地球が温暖な時期よりも氷河期の時期のほうがはるかに悲惨な世界であったことは言うまでもありません。

特に日本は自給自足率が低いのでお金はあっても世界的な食糧不足で必要な食糧を輸入できないかもしれません。

政府は今のうちに食糧確保問題、省エネ問題(寒冷化するとエネルギー需要が高まる)等寒冷化対策を検討し始めるべきだと思います。
ミニ氷河期に突入するともはやこの先何十年も地球温暖化対策は不要になるでしょう。

日本の競走馬のトレセンは欧米に比べ何故労働災害が多いのか

ある競走馬のトレセンを所轄する労働基準監督署の所轄地域全体の労働災害(休業4日以上)の約1/4をそのトレセンが占めています。
災害発生状況は、落馬、突然馬に噛まれた、突然馬に蹴られたなど不意に馬に攻撃されるものが多くなっています。
そこは毎年あまりにも労働災害が多いのでもっと減らさないと労災保険料を上げるぞということで毎年本省から指導が入っていました。

しかし、欧米、特にヨーロッパの競走馬のトレセンは日本に比べて非常に労働災害が少ないです。

それは何故か。

原因は日本のトレセンの安全衛生管理体制に問題があるのではありません。
これは非常に奥深いものがあって、馬は非常に神経質で警戒心が強い動物です。
日頃から世話になっている厩務員と慣れ親しんでいたとしても少し気に入らないことがあれば突然厩務員の肩を噛んだりするのです。
ところが欧米ではこのような労働災害はほとんどないそうです。

これは私の推測ですが、日本とヨーロッパの違いは競走馬に対する歴史の違いからくるのだと思います。
ヨーロッパは馬の生産地で生まれたころから家族同然のように育てていくので馬は人間を敵ではなく家族であるという長年の意識がDNAとして引き継がれ、人間を信頼できる本能が備わっているのではないかと思います。

その点、日本は昔から動物は「畜生」という言葉が象徴しているように、あまり良いイメージでとらえていない歴史があり、その潜在意識としてのDNAが人間ではわからないが、馬は微妙に感じ取ってしまい、「ああ、やっぱり所詮僕は家畜なんだ」と思わせてしまうのではないか。

したがって、日本のトレセンの労働災害を減らすためには、まず、競走馬の生産地から改善していくことがひとつの方法ではないかと思います。
人間も三つ子の魂百までというように馬もこの世に生まれて初めて接する「人間」という動物に対してどのように感じ取っていくのかが勝負のような気がします。おそらく、人間に対してストレスがないほうが本番のレースでも実力を発揮できるのではないでしょうか。

これは人間の赤ちゃんにも言えることですね。
人間も小さいころから親が愛情たっぷりに育てることが人間形成の上で非常に大切なことだと思います。

私の推測は間違っているかもしれませんが、競馬業界はヨーロッパの馬への接し方を研究して成果が出れば、もっと労働災害が減り、かつ、より強い馬に育てることができるのではないでしょうか。