「共感力」とは何か

人は何故共感するのか

  「共感」とは、誰もがその意味を何となく知っている人間の本能に近い不思議な感情です。また、それは人間の行動、歴史や社会においても極めて重要な要素になっています。人の話の中であなたが普段感じていることや思っていることに触れられると共感し、そう感じていること、そう思っていることは自分だけではないのだという安心感や幸福感が生まれます。

また、すばらしい景色、かわいい動物、日本代表が試合で勝ったときなどは、非常にうれしい感情や幸福感が沸き上がって誰かが同じように喜ぶ姿を見て共感し、自分と一心同体で喜んでいると感じることがさらに喜びや幸福感を増幅させる効果を生みます。

テレビドラマの視聴率を上げる方法

  テレビドラマ、映画、ストーリーマンガなどを見る人は主人公に自分を投影して見る場合が多いので主人公に共感を持つことができなければ、ストーリーに興味を持ち続けることは難しいでしょう。たとえ、一時的に主人公が共感を与えないような言動をするシーンがあったとしてもその後のストーリーで実はこういうことだったということで共感が得られれば、そのギャップがさらに共感を増大させることでしょう。
  たとえば、テレビドラマなどで、主人公の行動の中に何の伏線もなく、あなたが「これはないだろう。」と思うシーンがあったときは共感を得ることはないでしょうし、そのようなシーンがしばしば出てくるようなドラマはおそらく期待した視聴率を得ることはないでしょう。

また、たとえば、テレビドラマの「ドクターX」があれだけの高視聴率を保ったのは、普段、上司や幹部が権力を利用して理不尽な行動や決定をすることに腹立たしく思っている人は多いと思いますが、そのようなことは普通は権力に負けてどうにもならないという諦めの気持ちを持っているところへ派遣の女医が権力に打ち勝っていく姿に共感を覚え、自分を投影してもやもや感が吹き飛ぶことに爽快感を感じさせるストーリーだったからです。テレビドラマなどは、できるだけ多くの視聴者に共感を与えるようなストーリーでなければ、高い視聴率を上げることは難しいでしょう。

さらに共感にも程度があって、大きな共感と小さな共感があります。小さな共感は、普段からみんなが感じていることがわかっていることで改めてそこの部分を刺激しても「そうだね。」という小さな共感で終わってしまいますが、普段は意識していませんが自分の中に潜在的に存在する感情があって、その感情を多くの人が当たり前に持っているのかどうか必ずしもわからないようなものについて、主人公がその感情を表現するとき、この主人公は自分の感情と同じだという一体感が沸き上がると同時に自分は間違っていなかった、自分は承認されたという安心感が沸き上がり、これが大きな共感を呼びます。つまり、主人公と多数の視聴者との共感というより、主人公と自分だけの共感を覚えることに幸福感を覚えることができるのです。

「共感力」とは何か

人の心(正確には脳)を動かすためには、理屈よりも共感を与えることが重要です。仕事で部下の体を動かすためには、理屈よりも共感させて心を動かすことのほうがモチベーションが上がって労働生産性も上がることでしょう。

また、営業や販売でも理屈で納得してもらうことも重要ですが相手によっては共感を与えることがもっと重要なことも多々あります。要するに、普段こういうことで悩んでいないかとか、こういうことで不便を感じていることがないかとか、世の中にこんなものがあったら便利だと思っていないかなど相手の経験や体験を例にとって、まず相手の共感を呼び起こすのです。その共感が得られる相手であれば営業・販売は比較的成功しやすくなるはずです。逆に共感が得られない相手であれば早めに諦めたほうがよいでしょう。このように相手の人間に対して共感を持たせることができる能力を「共感力」と名付けてはいかがでしょうか。

また、政治家にとっても多くの国民から共感を得なければなりませんので「共感力」は非常に重要な能力です。これは良くない例ですが、かつて、国民の共感を最も利用した政治家は、巧みな言動で国民を扇動し戦争に導いたヒトラーではないでしょうか。ある意味天才的な「共感力」の持ち主だったと言えます。

人が仲間に入りたがるワケ

小さな社会で言うと、政党や社内の派閥、学校のクラス内の仲間などの場合も同じ共感を多く持つ人間同士の集まりが一つの小さな集団となっている場合が多く存在します。人間は何故そのような派閥や仲間を作りたがるのでしょうか。それは集団の中で自分が孤立しているよりも自分の周りに自分と共感できる人間がいて、その中にいることによって自分を認めてもらえ、安心できるからです。

「いじめ」の動機はこれ?

したがって、問題となっている「いじめ」については、集団の中で特定の人間をいじめる自分達の行動を認識することによって、仲間同士の共感を高め、いじめる側の仲間意識を高めることによって、自分たちの存在をお互いに認め合い、安心するということが犯行の主な動機になっているのではないでしょうか。

まとめ

そもそも人間は人とのコミニュケーションなしに一人では生きていくことはできません。たとえば、身寄りのない一人暮らしの年金生活者でも、生活していくためには買い物をしたり宅配便を受け取ったりする場合などに最低限人と会話をする必要があります。

  まだ働きながら生きていかなければならない人にとってコミニュケーション能力は非常に重要です。そのため、必要なときに「共感力」を発揮できる人は仕事をする上で有利となるでしょう。

健康寿命を延ばす秘訣は読書

老後の健康の秘訣は頭を常に働かせていること

10月13日に放映したNHKスペシャルは健康寿命の話でした。
健康寿命とは人間が健康に生活できるまでの年齢です。
日本の健康寿命は、男性約72歳、女性約74歳です。

日本の平均寿命が男性約81歳、女性約87歳ですから、男性は死ぬまで9年間不健康な状態で生き、女性は死ぬまで13年間不健康な状態で生きなければなりません。
人間の理想的な死に方は死ぬ直前まで健康に生きて、死ぬときはコロッと死ぬことだと思います。

死ぬ間際までいかに健康に生きていられるかということについて、AIが過去の膨大なアンケート結果を分析して出した答えが3つあって、そのうちの1つが、運動や食事ではなく、なんと、本や雑誌を読むことでした。

AIが出す答えの理由や思考プロセスは分からないブラックボックとなっているため、何故、健康寿命を延ばす秘訣が読書なの明らかとなっていませんが、読書は自分が健康だと思う行動などに多く紐づいていることがわかりました。
読書が健康の保持増進に役立つ理由としては、おそらく、読書は脳を活性化し、脳をぼけさせない効果があるのではないかと思います。
よく老後は頭を働かせる趣味などを持つと長生きするというアレです。また、読書をするといろいろな情報が入ってくるため、新たな興味や好奇心が生まれ、新たな行動を起こさせるきっかけとなり、脳も身体も活性化することが多くなるのではないでしょうか。
さらに統計的に図書館の周辺に住む老人は介護状態になることが少ないということも判明しました。

一人暮らし

もう一つの秘訣は、一人暮らしです。
家族と同居いていると何かと身の回りのことを家族がやってくれたり、また、やってくれると期待したり、自分でやってみようと思っても間違った場合に家族に怒られたり迷惑をかけると思ってやらなかったりすることから、自然と脳や身体の働きが衰え、老化の進み具合が速くなり、認知症の発生確率も高まります。また、家族に気を使ってストレスも高まります。

その点、一人暮らしですと、好むと好まざるとにかかわらず、買い物、炊事、洗濯、掃除など家事を自分で全てやらなくてはならないので、常に脳や身体を使い続けることになります。
また、同居する人に気兼ねをしないで自由に行動することができるので、ストレスも生じません。

しかし、その反面、一人ぐらいの寂しさや孤独感に襲われる可能性があります。その時は、老人が集まる公民館に行ったり、同じ趣味を持つ同士の集まりに参加してコミニュケーションすることによって孤独感を癒すことも可能です。

治安

最後の秘訣は良い治安です。統計的に犯罪の多い町は健康寿命が短いことがわかりました。たとえば近所に泥棒が入ってまだ犯人が捕まっていない場合、いつか自分の家にも泥棒が入るのではないかという不安を持っているとストレスが常に付きまとうことになり、精神的な健康状態を損なうおそれがあります。

まとめ

以上まとめると、老人は、治安が良い町で一人暮らしをして本や雑誌をよく読んでいると健康寿命が延びることになるとAIは答えています。
ただ、その理由はまだ論文が出されておらず、明らかとなっていません。あくまでも長年にわたって実施された様々なアンケート結果のビッグデータからAIが分析して出した答えです。

人間最後はやはりピンピンコロリと死ぬことが理想だと思いますのでAIの答えには賛否両論はあるかと思いますが、要するに、これから一人暮らしの高齢者がますます増えていくことが予想される中で、老人が一人で暮らしても安全な町で、日頃から健康意識を持って一人で生活できる能力を保ち、日頃から本などを読んで脳を刺激して考える習慣を身に付けることが精神的、身体的な老化を抑制し、健康寿命を延ばすことにつながることを示唆しているのではないかと思います。

ベーシックインカム導入は必然

日本が最もAIに仕事を奪われる率が高い?

10月7日のNHKスペシャルで労働者がAIによって仕事を奪われ、その後、どのようになるのかという特集がありました。

その中で意外にも2030年に世界でAIによる業務の自動化が占める割合は日本が52%で1位となっていました。理由は、日本が最も賃金が高いので人間に替わるAIを導入するスピードは最も高いだろうという予測からでした。日本より賃金が高い国はいくつもあるので、この理由はどうかと思いましたが、確かにAIの前段階であるRPAの普及はここ数年日本は世界の中でも最も急速に導入していると思われますし、先進諸国の中でも労働生産性が比較的低い上に、働き方改革の気運が高まっていることから、AIの導入によって労働生産性を上げたいという企業は非常に多いと思われるので、日本はおそらく世界の中でも早くAIによって多くの労働者が仕事を失うことになる可能性は低くはないと思います。

ゲストのソフトバンク社長の孫正義氏は、AIによって人間の仕事が奪われてもまた新たな仕事が生まれると言っていました。
しかし、AIが人間の能力を超える日がやがてやってきたとき、人間にできてAIにできないものがなくなっていくことを考えると、今度の第4次産業革命は今までの産業革命とは違って、新たな人間の仕事が生まれにくいと言われています。

一部の大富豪と大多数の貧民の時代へ

世界の超大富豪8名だけで世界の総資産の半数以上を所有しており、待てる者と持たざる者の格差がますます広がっていき、大多数の失業者はモノを満足に買うことができず、世の中に金が回らなくなって、経済が成り立たなくなると言っていました。
もうすぐ人間に替わってAIがほとんどの仕事をするようになると多くの失業者が発生します。

ベーシックインカムの時代は必然的にやってくる

そのための対策としていくつかの国の自治体がベーシックインカムの実験をしているとの報道がありました。

この超資本主義ともいえる近未来社会への潮流は止めることができないため、世界経済が破綻することを防ぐためには、やはりベーシックインカムを導入するしか今のところ道はないようです。

孫氏もベーシックインカムには賛成で、そのための原資として適正な率であれば法人税は金持ちほど高くなってもやむをえないと言っていました。

これらの一連の考え方はまさに前回私がブログで書いた記事とほぼ同じだったので私の近未来予想は間違いなかったと確信しました。

ベーシックインカムの基本的しくみ

ベーシックインカムとは個人の所得の多さに関わらず、一定の年齢(たとえば20歳以上)に達したら、一律に同額の金を定期的に本人に支給する仕組みです。したがって、必然的に生活保護者や年金の支給という概念は廃止されます。つまり、貧富の差や年齢の差に関係なく、たとえば20歳に達したら国民全員に一律に生活費を支給するというものです。
貧乏人も金持ちも一律に支給する理由は、所得格差によって支給額や支給率を規定すると、行政コストがかかり、税金をその分使うことになるからです。

ベーシックインカムの支給額はあくまでも生活費として支給する金額であり、贅沢はできない金額とします。したがって、ある程度贅沢をしたい場合は、働いてその分の収入を得なければなりません。

非国民行為のタックスヘイブンは廃止すべきである

ベーシックインカムの財源は主に法人税とすべきです。超儲けてる企業ほど法人税率を高くし、商品を買ってもらうために儲けた金を国民に還元します。しかし、そうすると、税金逃れを目的に税金が安い国などに本社を移設(タックスヘイブン)する企業が増える可能性が大きくなります。
この現象は、日本の近い将来存在する大多数の貧民がなけなしの金で超大企業の商品を買うために支払った金が大富豪、その企業の従業員及び税金の安い他国の国民に利益をもたらすことになります。
そうなると超大企業の利益が国民に還元されず、ベーシックインカムは破綻し、国は滅亡するでしょう。
そのためには、税金が安い国に本社を移設させないよう規制する必要があります。
そもそも日本の貧民から金を取って大儲けして得た莫大な利益を他の国の税金として他の国の人々に還元する行為はまさに非国民行為であり、処罰すべき行為です。

まとめ

世界が一部の大富豪と大多数の貧民の2極化になることはAIがさらに進化し普及する限り、止めることはできません。
ベーシックインカムは既にいろいろな国が試行していますが、もし、どこかの国が成功した場合は、その例を参考として追随する国が増えてくるでしょう。
日本はまだ国民の意識が先進国の中では低いので、実現は遅いと思われますが、労働生産性が低いことが原動力となってAI化が急速に進み、意外と早くベーシックインカムを導入せざるを得ないときが来るかもしれません。