人間の知識欲

知識欲は人間の本質的な本能です。たとえば、宇宙の構造や素粒子の構造が解明されたところで、興味のない人にとっては、それがわかったところで何なの?と思う人も多いでしょう。それらの研究に世界中で国の予算を使って研究して何の役に立つのだと不満に思う人もいるでしょう。
しかし、今までの科学の歴史を振り返ってみると当時は何の役にも立たない研究と思われていたものでも、そのしくみが発見された後は、いろいろな分野に応用されて技術的な進歩ひいては文明の進化が遂げられてきました。
当時は、世の中の何かに役立てようと思って研究することがなくても、その基礎的な研究結果を応用して科学技術が発展してきたと言っても過言ではないでしょう。
しかし、理学系の多くの研究は、基本的には最初から何かの役に立つことを目的として国の予算や大学の予算を使っているわけではなく、人間の本質的な知識欲を満たすことを目的としています。

そんなことに金を使うのをやめて直接国民に役にたつことに金を使うべきではないかと主張する人もいるかもしれません。

しかし、たとえば多くのノーベル物理学賞の内容を見てもその発見がその当時は直接何か世の中に役立つような内容はほとんどないと言っていいでしょう。
では、何故そんな直接世の中に役立ちそうもないような発見にノーベル賞が与えられるのでしょう?

それは、人間の不思議と思う本質的な知識に対する欲望を満たすことができるからです。

人間はただ生きていくためのみ価値を見出すべきものであるならば原始時代の動物に近い存在と同じになります(今の時代、生きていくことだけでもたいへんな時代にはなっているとは思いますが…)。

人間の知識欲というものは、ほかの本能的欲望(食欲、眠欲など)に比べて人によって様々です。この知識欲というものは本能に近いものなので、それが満たされるまでの間は留まることはないでしょう。
中には、ほとんどの人が関心がないことに関して、ある人だけが不思議に思って何故そうなっているのだろうと疑問に感じて研究し、新発見をすることがあります。
たとえば、ニュートンが発見した万有引力の法則は、リンゴが木から落ちるのを見て当時は誰も不思議に思う人はいませんでしたが、ひとりの天才が不思議に思ってくれたおかげで偉大な発見につながることになったわけです。

人間の知能、知識をもってしても長い間誰も気づかないあるいはなかなか解明できないことについて、誰かが発見あるいは解明したとしたら、それはやはり賞賛に値するものであり、人類として価値あるものになることでしょう。

これは、歴史的に見ると、昔は世の中の不思議な現象に対して科学的な知識がない時代はそれは神の仕業であり、神のみが知りうることであるとして神を崇めましたが、人間がそのしくみを発見していく中で神の仕業ではないことが分かってきたことから、その発見者に対して尊敬の念を抱くことになったのだと思います。

世の中の現象の全てを知りたいという欲望は人間である以上、永遠と続くことでしょう。

しかし、将来、世の中の全ての謎が解明されたとき、人間の未知の世界に対する知識欲はどうなるのでしょう。理学系(基礎的医学系等を含む)の学問が消滅し、工学系の学問のみが残っていろいろな発明をしていく世の中になるのでしょうか。
そのときは、それまで数式化できない分野の哲学系などについて数式化する試みがあるかもしれません。また、全ての謎を知り尽くしたと思ってもそれは気づいていないだけであってまだ知りえていない謎もあるのかもしれません。
また、従来、定説となっていた理論でも実はそれは間違っていたと主張する学者が出てくる可能性もあります。

いずれにしても人間の知識欲というものはいつの時代も留まることはないのかもしれません。

 

将来どんな仕事をしたらいいのか悩んでいる方へ

先日テレビで日本で飛び級第1号として高校2年から大学に入学した人のその後の人生について紹介していた番組があった。千葉大学で光の物性の研究をしていて大学院で知り合った女性と結婚し、すぐに子供を授かった。その人はそのまま大学に残って研究職として働いていたが、何年働いても月20万程度しか収入を得ることが出来ず、家族を養っていくことが厳しかったため、自分の研究をあきらめ、収入のよいトレーラーの運転手に転職した。
大学院を卒業しても年収が300万円程度しか得られないいわゆる高学歴プアの人が大学院卒の人のうち約半数いるらしい。

このような研究に限らず、どのようなことでも自分の好きなことをずっと続けながら生活を維持していくことはたいへんなことだ。

毎日好きなことをして裕福に暮らせている人はごく一部の限られた人である。

人間は一般的に学校を卒業すれば働かなくては生きていけない。

好きなことを仕事にすることができれば理想的だが、なかなか理想どおりにはいかない。また、趣味で好きなことをやっているときは楽しかったが、それが仕事となった途端に楽しくなくなるケースもある。

外国人、特に西洋人は仕事は生きがいというよりも生活の糧として自分が好きな時間、好きなことをやるために働くという意識がベースとなっている人が多い。

日本人は、生きがいのある仕事をしたいという人が多い。それは悪いことではないが、よく仕事が趣味という人で定年退職するまでほかに趣味を持たず、家族との楽しい時間も作らず、会社に滅私奉公し、場合によっては過労死するまで働き、やっと定年退職して会社の呪縛から解放されても何もすることがなく、急速に老化して認知症となるケースがある。

このような人生は決して理想的な人生とは言えないだろうが、本人が仕事が面白くて家族や自分の生活を犠牲にしてでも後悔しないということであればそれはそれで別に非難される筋合いではない。

逆に生きがいを持てないような仕事を一生続けなければならないほうが苦痛であろう。

働くということは需要と供給の結果である。仕事に貴賤はない。相手のために何かの行動を起こしたことによって、その報酬を相手からもらえることになれば相手には役に立ったことになるので、その行動が違法な行為でない限りどのような行動であってもそれによって誰かが役に立てばそれは仕事なのである。役に立つということはまさに需要と供給の関係であり、需要が多ければ多いほど供給できる人にとって、収入が増える(サラリーマンであればボーナスアップなど)。

企業活動はまさに需要と供給の関係で成り立っている。それがたとえ人の命を救うのに役立つ仕事でも人の快楽のために役立つ仕事でも需要という意味で価値は同じである。

自分の趣味、好きなことに対して、何らかの形で人に供給し、需要があれば仕事として成り立つ。
しかし、好きなことと才能は別である。いくら好きなことでも才能がなければ仕事にすることは難しいだろう。好きなことなので、努力をすれば能力が向上してニーズが高まるかもしれないが、ある程度のレベルの才能まで達しなければほかの仕事を選択したほうがいいだろう。要するにプロレベルの能力まで達しているかどうかだ。そうでなければニーズは上がらない。

仕事でも嫌いな仕事は決してモチベーションが上がることは期待できないので、適用性は乏しいだろう。好きな仕事でなくとも少しでも興味のある仕事であれば、モチベーションが上がる可能性があるので、スキルアップにつながり、適応していくことが期待される。
仕事への適応能力は個人差があって、人には向く仕事と向かない仕事がある。自分で努力してもなかなか適応できない仕事はやめたほうがいい。

いくら稼ぐことだけが目的で仕事に就いても適応できなければ決して続けることはできないだろう。

私は最終的には公務員の道を選んだ。私の場合、子供のころから好奇心が強い性格で将来は漫画家、イラストレーター、囲碁のプロ棋士、ジャズギタリスト、ジャズピアニスト、大脳生理学者、天文学者、物理学者などになることを漠然と考えていたが、皆趣味が高じてハマったものなので、仕事とは別に趣味でやっていくこととして、そのために当時は民間会社の内定を辞退して残業が少ないと言われていた公務員の道を選んだ。しかし、その後、国家公務員は仕事が増える一方だが人は減らされる一方なので年々残業が増える一方になった。
国家公務員試験に合格するとは思っていなかったので不合格であればそのまま内定していた会社に入っていたが、たまたま運よく合格したので迷わず公務員の道を選んだ。もう1つの理由は特定の民間会社に勤めて一部の人間の役に立つよりもできるだけ多くの人間に役立つ仕事をしたかったからだ。

公務員となってからも物理の研究は休みの日などでときどき続けていた。この数年間に数学を含めて新たな物理の法則を発見してきたが、これも突然閃いたわけではなく、今までの長年の研究の積み重ねの結果、生み出されたものだと思う。

しかし、新しい発見をしたとしても、もともとその研究を職業としていないために世の中に認められることは難しいだろう。趣味で研究している理論がそれを職業としている研究者が認めるということは、その道の権威ある研究者にとっては屈辱的なことあるいは職を失うことになるかもしれないからである。

天動説が当たり前のころは、地動説を唱えた研究者が火あぶりの刑に処せられ、ガリレオも、処刑は免れたが長い間牢獄にぶち込まれた。

昔は新しい理論を打ち出すことは命がけのことだったが、今では打ち出しても誰にも共感が得られなければ、単に世の中から無視されて永久に埋没されるだけで命までは取られない。

しかし、ほかの惑星で人間よりも高度な知能を持った生物がこの事実を仮に知ったとしたら、地球の知的生物は大した知能は持っていないと判断するだろう。

話が少し逸れてしまったが、職業の選択については、偶然性もあるが、好きなことや趣味を仕事にできることが最も理想的だと思うが、たとえそれが難しくても日頃から趣味で続けていくと人生は楽しめるし、それが高じてプロ並みの能力を発揮して仕事に結びつくことになる可能性もあるので、仕事と趣味を切り離して仕事は仕事、趣味は趣味として割り切って生きる人生も大いにアリだ。

脳は司令塔ではなかった。人体と組織社会のフラクタル構造

最近の医学研究の進歩は目覚ましいものがあり、かつて人体の司令塔は脳であるというのが定説となっていましたが、その考えは正しくないことがわかりました。
人体には約60兆個の細胞がありますが、外部からの刺激に反応して、いろいろな臓器の細胞が自らメッセンジャー物質(情報伝達物質)を発して、他の臓器や脳に伝達して、行動を起こさせるというネットワーク構造となっていることがわかりました。
たとえば、脂肪細胞は非常に重要なメッセンジャー物質を持っていて、食べ物を食べて満腹になると、小腸にある脂肪細胞が満腹になったという情報を伝えるメッセンジャー物質(レプチン)を発して、血管を通って脳の視床下部に達すると満腹中枢の細胞とレプチンが結びつき、食欲を抑えて満腹感を感じさせ食べるのをやめさせます。
見方をかえれば小腸の脂肪細胞が脳に指令してこれ以上食べるのをやめさせているとも言えます。
このようなやりとりは、臓器と脳との間で行われているだけではなく、脳を介さないで臓器と臓器の間でも血管を通ってメッセンジャー物質の伝達によってやりとりが行われています。

つまり、血管がネットワークとなり、臓器や細胞の中に存在しているメッセンジャー物質が血管を通って他の臓器や脳に伝達され、全ての臓器や細胞が一体となって人体をコントロールしています。

これを会社(人体)に例えると、ある部署(臓器)がある情報を入手したとき、その情報を他の全ての部署(臓器)と社長(脳)に伝え、他の部署(臓器)が影響を受けるものであれば、その部署(臓器)が緊急対応するとともに、社長(脳)が各臓器などにあらためて指令を出すようなものです。

考えてみると組織体と言うものは、皆似たような構造をしています。
国と地方自治体も基本的に地方で解決できるものは地方で処理し、国全体にわたるものは国が指令を出します。
世界(人体)も基本的には各国(臓器、細胞)がネットワーク(血管)で結んで貿易や情報(栄養素、メッセンジャー物質等)をやりとりしていますが、何か世界的な問題(温暖化問題、小氷河期到来問題、核問題等)が発生した場合は、解決に向けて国連や世界的な機関(脳)が協議・決定します。

これは数学的にいうと、この世の中に存在する組織体はフラクタル構造(入れ子構造)に近いものがあるのではないでしょうか。
フラクタル構造とは、簡単にいうと、例えば,樹木の枝,海岸線,積乱雲,肺や血管の構造、雪の結晶、株価の変動等、遠くから見ても近くから見ても同じ形に見える構造のことをいいます。

特に組織体を構成している各組織の数が多くなればなるほど全体を統制することが難しくなっていくので、ある程度は各組織の判断で決定して行動してもいいということになっていきます。

これを会社で例えると、小さな会社はワンマン社長が全ての社員の動きを掌握して具体的な指令を出すという場合が多いと思いますが、大企業は社長が全ての社員の行動を把握することは不可能なので、支店ごとの動きや部署ごとの動きまでを把握して会社全体の経営判断をしていくと思います。
つまり、大企業では組織体が大きくなっているので、日々の具体的な支店などの運営については支店に任せているというようなものです。

人体は約60兆の細胞から成り立っているので、脳はワンマン社長ではなく、大企業の社長となって、ネットワーク(血管)を通じて、日々の運営について任されている各支店長(各臓器)に全体的な指令あるいは特定の支店(臓器)に指令を出しているのです。