人間の知識欲

知識欲は人間の本質的な本能です。たとえば、宇宙の構造や素粒子の構造が解明されたところで、興味のない人にとっては、それがわかったところで何なの?と思う人も多いでしょう。それらの研究に世界中で国の予算を使って研究して何の役に立つのだと不満に思う人もいるでしょう。
しかし、今までの科学の歴史を振り返ってみると当時は何の役にも立たない研究と思われていたものでも、そのしくみが発見された後は、いろいろな分野に応用されて技術的な進歩ひいては文明の進化が遂げられてきました。
当時は、世の中の何かに役立てようと思って研究することがなくても、その基礎的な研究結果を応用して科学技術が発展してきたと言っても過言ではないでしょう。
しかし、理学系の多くの研究は、基本的には最初から何かの役に立つことを目的として国の予算や大学の予算を使っているわけではなく、人間の本質的な知識欲を満たすことを目的としています。

そんなことに金を使うのをやめて直接国民に役にたつことに金を使うべきではないかと主張する人もいるかもしれません。

しかし、たとえば多くのノーベル物理学賞の内容を見てもその発見がその当時は直接何か世の中に役立つような内容はほとんどないと言っていいでしょう。
では、何故そんな直接世の中に役立ちそうもないような発見にノーベル賞が与えられるのでしょう?

それは、人間の不思議と思う本質的な知識に対する欲望を満たすことができるからです。

人間はただ生きていくためのみ価値を見出すべきものであるならば原始時代の動物に近い存在と同じになります(今の時代、生きていくことだけでもたいへんな時代にはなっているとは思いますが…)。

人間の知識欲というものは、ほかの本能的欲望(食欲、眠欲など)に比べて人によって様々です。この知識欲というものは本能に近いものなので、それが満たされるまでの間は留まることはないでしょう。
中には、ほとんどの人が関心がないことに関して、ある人だけが不思議に思って何故そうなっているのだろうと疑問に感じて研究し、新発見をすることがあります。
たとえば、ニュートンが発見した万有引力の法則は、リンゴが木から落ちるのを見て当時は誰も不思議に思う人はいませんでしたが、ひとりの天才が不思議に思ってくれたおかげで偉大な発見につながることになったわけです。

人間の知能、知識をもってしても長い間誰も気づかないあるいはなかなか解明できないことについて、誰かが発見あるいは解明したとしたら、それはやはり賞賛に値するものであり、人類として価値あるものになることでしょう。

これは、歴史的に見ると、昔は世の中の不思議な現象に対して科学的な知識がない時代はそれは神の仕業であり、神のみが知りうることであるとして神を崇めましたが、人間がそのしくみを発見していく中で神の仕業ではないことが分かってきたことから、その発見者に対して尊敬の念を抱くことになったのだと思います。

世の中の現象の全てを知りたいという欲望は人間である以上、永遠と続くことでしょう。

しかし、将来、世の中の全ての謎が解明されたとき、人間の未知の世界に対する知識欲はどうなるのでしょう。理学系(基礎的医学系等を含む)の学問が消滅し、工学系の学問のみが残っていろいろな発明をしていく世の中になるのでしょうか。
そのときは、それまで数式化できない分野の哲学系などについて数式化する試みがあるかもしれません。また、全ての謎を知り尽くしたと思ってもそれは気づいていないだけであってまだ知りえていない謎もあるのかもしれません。
また、従来、定説となっていた理論でも実はそれは間違っていたと主張する学者が出てくる可能性もあります。

いずれにしても人間の知識欲というものはいつの時代も留まることはないのかもしれません。

 

天災大国である日本を人災にしてはならない

今回、西日本に甚大な被害をもたらした豪雨を含め、最近、日本で発生する水害や地震災害は、今まで記録的には発生したことがない地方において発生している場合が多く、今までの経験や統計だけではほとんど予測がつかない状況となっている。

水害については、いつも河川の堤防の決壊、土砂崩壊を繰り返している。日本は、豪雨が発生しやすく、かつ、水害が発生しやすい地形であることを強く認識する必要があり、国や自治体は最優先でその災害防止対策を全国的に行う必要がある。

その対策には膨大な経費・予算が必要になると思われるが、頻繁に発生する甚大な被害、経済的損失を考えれば、最優先で早急に実行しなければならない。

単に堤防や山の斜面を頑丈にするとか堤防の高さを高くするというような従来型の対策では、時間も費用も膨大なものとなるため、科学技術の粋を凝らして何か画期的な対策を研究することに予算を投じるべきである。

また、大地震についても、かつてほとんど地震が発生したことがない淡路阪神地方においても大地震が発生するので、日本で絶対に大地震が発生しない地方があることを証明することは不可能に近い状況である。

そのような地震大国において、そもそも原発をあえて積極的に設置するという発想自体に対して外国人から見ると多分日本人はクレイジーな国民と思われるだろう。
リスクの塊のような国に原発を設置すること自体、ものすごいギャンブルである。これは例えていうと「うちの子に限って」、「ここだけは地震がこないだろう」、「天災がくれば仕方がない、あきらめよう」という日本人特有の楽観主義的、あきらめ型の発想が一種のギャンブルということだ。
いつか来るかもしれないがそれが来ないほうにかけるという発想である。
そして来れば運が悪かったという発想である。
だから目先の利益を享受しようという発想である。

目先のコストで原発を選択するという発想は、核のゴミ処理問題や大きな事故が発生した場合のコスト、廃炉するときのコストを考えると長期的には莫大なコストがかかることを覆い隠しているだけである。

今後、政府は原発をどんどん再稼働させていく方針なのだろうが、これは将来日本が滅びる原因となるだろう。

人類の科学技術の発展は目覚ましいものがあるが、核の発見だけは人間は悪いことに利用し過ぎた。
核利用はがん治療や物理の実験などで少量使う以外は、大量に扱うと一歩間違えると甚大な被害をもたらす凶器となるので、大量に使うことに利用すべきではない。
また、地震によって原発が制御不能になる危険以外に、将来サイバー攻撃によって原発が狙われることがないという保証はどこにもない。
いずれにしても今後予想もしていなかったことが原因で原発事故が再び発生することが絶対にないという保証はない以上、甚大なリスクを常に抱えたまま生活をする不安を持たされることを日本人は望むのだろうか。

かつて、「原発は安全ですよ」と何度も政府が繰り返したが、その結果が福島の原発事故である。しかも福島県沖にマグニチュード9近くの大地震が発生した場合、高さ15メートル程度の津波が福島の原発施設を襲うことを予め予測しておきながら、そのような大地震が来ないことにかけるほうのギャンブルを行って目先の利益を最優先し、国民を一度だましておきながら、福島の原発事故のあとでも再び各地で原発を推進させようとする発想はあきれるばかりである。

今後、政府が「これで絶対安全になりました。」と公言して原発をどんどん再稼働させた後に、再びどこで起こるか予測ができない大地震や津波などによって大きな事故が発生した場合、おきまりの「想定外だった。」というセリフで国民の非難をかわすことになるのだろう。

ここまで国民がばかにされていることに対して国民はもっと怒り、人間としてのプライドを持ち、日本に安心して住むことができる権利を主張しなければならない。

将来、日本を滅ぼさないために。

理学系と工学系のマインドの違い

文系の人から見て理工系の人というのは理学系も工学系も同じ志向を持っていると思っている人が多いでしょう。ところが理工系の人間から見ると理系と工学系は全く違う志向を持っています。例えていうと、同じ文系でも法律学と文学の違いくらいの違いがあると思います。
どこがどう違うのか。
根本的にマインドが違います。

一言でいうならば理学系は哲学者で工学系は発明家です。
理学系はものごとや自然現象のしくみなどモノや現象などの真理を追究する哲学を数式や実験、観察などで証明することが理学系です。

工学系は、基本的な法則や理論を使って何か新しいモノを発明するような志向を持つエンジニアタイプです。

したがって、理学系の基本的な志向は何か世の中に役に立つことを目的として研究しようとするものではなく、純粋に何故そのようになっているのか、その本質的なしくみや構造はどうなっているのかという人間の本質的な本能ともいえる知識欲がモチベーションとなっている場合が多いと思います。
私は典型的な理学系でモノづくりや発明にはほとんど興味がありません。

ほぼマインドは哲学系です。
構造に興味があるのは、宇宙、真空、光、ニュートリノ、素粒子、大脳、経済などです。

また、面白いことに同じ学問なのに国によって文系だったり、理系だったりするものがあります。たとえば、心理学は日本では文系に属しますが、欧米では一般的に理系の範疇に入ります。おそらく、統計を扱ったり、精神医学に近い考え方をするからなのかもしれません。

しかし、今の時代、数式は文系と言われている多くの学問で使われています。ほぼ数式を使わない学問は、法律学、文学、歴史学くらいでしょう。
特に経済学などは線形代数など数学を駆使して研究されていますし、金融工学や経営工学などは「工学」と名のつくくらいで、数式が駆使されています。
哲学を数式で証明するのが物理学であるならば、経済のしくみを数式で解く経済学が何故文系なのでしょう?
数式は様々な学問に使われていることから、今や文系と理系の区別をつけることはナンセンスになっていくでしょう。
特にプログラミングなどは、課題の構造を分析し、プログラミング言語を使って論理を組み立てて答えを求めるものなので、文系や理系の区別をする意味がないでしょう。

日本の大学教育においてもこれからは文系と理系のカテゴリーに無理に当てはめないことが求められます。

自分は文系だからとか、自分は理系だからという観念は、いろいろとこれから行動する上で足かせになることでしょう。

数学が不得意だから自分は文系向きだという考えは捨てるべきでしょう。法律や文学を学ぶことを除いては。

数学は今やほとんどの学問で必要な知識です。また、いわゆる文系と言われている学問でも数学的なセンスが必要なときは少なくありません。
これからの日本の教育は、英語、プログラミング言語に加えて数学に力を入れていくべきでしょう。