世の中の真理とは何だろう

一般的には「真理」とは、「時間的、空間的に不変な物の考え方」と定義づけることができます。
この定義にしたがって、真理を追究する学問にはどのようなものがあるか検証してみましょう。

まず、「法律学」はどうでしょう。
法律は同じ国でも時代とともに社会や国民の意識が変化していくので、法律も時代とともに変わっていき、また、国によっても法律はまちまちです。したがって、法律学に「真理」というものはありません。まさに時間的、空間的に変化していくものです。

次に、「数学」はどうでしょう。
代数学については、数字は人間が定義づけたものであり、数字や文字を使って、たとえばAが成り立てばBが成り立つとか、ある未知数を使って方程式を立てるなどある現象を数式で表すときなどに使うもので、自然現象や社会現象のふるまいを数式で表現するツールの役目をしています。したがって、数学自体は真理の追究というよりもいかに役に立つツールを見つけるかとか公理や定理を表すものだと思います。また数学の未解決問題については、解の探究であって真理の探究ではありません。

次に「経済学」はどうでしょう。かつては「マルクス経済学」も大学で盛んに研究されていましたが、今は資本主義を中心とした近代経済学が主流です。
経済学は、科学技術や文明の発展にしたがって変遷していくものであり、国の事情や文化によっても異なってくるので、絶対的な真理というものはなさそうです。
将来の理想的な経済社会を求めて研究はされているとは思いますが…。

「物理学」はどうでしょう。
少なくとも地球上における全ての物理現象については、地球上のどこで実験や観測をしても事実は1つだけだと思いますので真理という概念が存在するでしょう。しかし、これがたとえばブラックホールの近辺ではどうかとか宇宙の環境が異なる場所では違った法則が成り立つ可能性が高いかもしれません。
しかし、そのように宇宙環境が極端に違った場合でもそのような条件のもとに物理法則が成り立つので、いかなるとき(たとえば宇宙誕生という事実が仮にあるとすればそのときなど)、いかなる場所においても物理の法則は決定されることが期待されるので物理学には「真理」というものが存在しうる学問だと言えます。
かつてのローマ帝国は聖書が唱えている「天動説」(地球は宇宙の中心にあって静止しており、全ての天体が地球の周りを公転しているとする説)が当たり前の時代であり、「地動説」を唱えたジョルダーノ・ブルーノを火あぶりの刑に処したり、ガリレオ・ガリレイを終身刑に処したりしていました。
誤った法律によって「真理」が捻じ曲げられていたわけです。
しかし、その後コペルニクス、ケプラー、ニュートンらの出現によって天動説は完全に消滅しました。

しかし、現代の物理学においても必ずしもまだ「真理」であるとはとは言い切れない理論がいくつか残っています。
それは、「ビッグバン宇宙論」と「特殊相対性理論」です。
この2つの理論は既にグローバルスタンダード化していますが(特に日本では強く支持されています)、私はこの2つの理論は現代の「天動説」に近い理論だと思っています。
いつかこの2つの理論が誤りであったと気づく時代が来ることでしょう。

これからは地球寒冷化対策が急務だ

2015年に英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームの発表によれば、2030年から太陽活動が現在の60%に低下し、地球はミニ氷河期に突入するとの発表がありました。
太陽は表面にある黒点の数が多いほどエネルギーが強く、少ないほど弱いことが知られています。この黒点の数の多さが11年周期で変化しています(何故11年なのかは未解明)。ところが、この周期に乱れが生じてしばらくの間黒点がほとんど消えることがあります。このとき地球上はミニ氷河期になります。
そして、昨年は1年のうち300日間黒点が現れなかったので既にミニ氷河期に入りかけているという説もあります。そして、このごろ世界中を襲っている大寒波もミニ氷河期の予兆ではないでしょうか。

もっとも最近のミニ氷河期は、 1645~1715年に発生した「マウンダー極小期」と呼ばれるものでこの間は太陽の黒点は極端に減少しました。イギリスのテムズ川が厚さ1.5メートルの氷で覆われました。
日本では江戸時代で飢饉が相次ぎ、徳川幕府が倒れたきっかけとも言われています。
また、ミニ氷河期の時代は食糧危機となって世界情勢が不安定となり、いたるところで争いが発生しています。

今度ほぼ確実にやってくるであろうミニ氷河期においても世界中で食糧難が深刻な状況となり、どこかで戦争が始まる危険性もあります。飢饉や病気で約20億人が死亡するであろうとも言われています。

もう既にミニ氷河期は始まっているかもしれないので、地球温暖化対策など悠長なことを言っている場合ではないでしょう。

過去の例をみても地球が温暖な時期よりも氷河期の時期のほうがはるかに悲惨な世界であったことは言うまでもありません。

特に日本は自給自足率が低いのでお金はあっても世界的な食糧不足で必要な食糧を輸入できないかもしれません。

政府は今のうちに食糧確保問題、省エネ問題(寒冷化するとエネルギー需要が高まる)等寒冷化対策を検討し始めるべきだと思います。
ミニ氷河期に突入するともはやこの先何十年も地球温暖化対策は不要になるでしょう。

日本の競走馬のトレセンは欧米に比べ何故労働災害が多いのか

ある競走馬のトレセンを所轄する労働基準監督署の所轄地域全体の労働災害(休業4日以上)の約1/4をそのトレセンが占めています。
災害発生状況は、落馬、突然馬に噛まれた、突然馬に蹴られたなど不意に馬に攻撃されるものが多くなっています。
そこは毎年あまりにも労働災害が多いのでもっと減らさないと労災保険料を上げるぞということで毎年本省から指導が入っていました。

しかし、欧米、特にヨーロッパの競走馬のトレセンは日本に比べて非常に労働災害が少ないです。

それは何故か。

原因は日本のトレセンの安全衛生管理体制に問題があるのではありません。
これは非常に奥深いものがあって、馬は非常に神経質で警戒心が強い動物です。
日頃から世話になっている厩務員と慣れ親しんでいたとしても少し気に入らないことがあれば突然厩務員の肩を噛んだりするのです。
ところが欧米ではこのような労働災害はほとんどないそうです。

これは私の推測ですが、日本とヨーロッパの違いは競走馬に対する歴史の違いからくるのだと思います。
ヨーロッパは馬の生産地で生まれたころから家族同然のように育てていくので馬は人間を敵ではなく家族であるという長年の意識がDNAとして引き継がれ、人間を信頼できる本能が備わっているのではないかと思います。

その点、日本は昔から動物は「畜生」という言葉が象徴しているように、あまり良いイメージでとらえていない歴史があり、その潜在意識としてのDNAが人間ではわからないが、馬は微妙に感じ取ってしまい、「ああ、やっぱり所詮僕は家畜なんだ」と思わせてしまうのではないか。

したがって、日本のトレセンの労働災害を減らすためには、まず、競走馬の生産地から改善していくことがひとつの方法ではないかと思います。
人間も三つ子の魂百までというように馬もこの世に生まれて初めて接する「人間」という動物に対してどのように感じ取っていくのかが勝負のような気がします。おそらく、人間に対してストレスがないほうが本番のレースでも実力を発揮できるのではないでしょうか。

これは人間の赤ちゃんにも言えることですね。
人間も小さいころから親が愛情たっぷりに育てることが人間形成の上で非常に大切なことだと思います。

私の推測は間違っているかもしれませんが、競馬業界はヨーロッパの馬への接し方を研究して成果が出れば、もっと労働災害が減り、かつ、より強い馬に育てることができるのではないでしょうか。