これからは地球寒冷化対策が急務だ

2015年に英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームの発表によれば、2030年から太陽活動が現在の60%に低下し、地球はミニ氷河期に突入するとの発表がありました。
太陽は表面にある黒点の数が多いほどエネルギーが強く、少ないほど弱いことが知られています。この黒点の数の多さが11年周期で変化しています(何故11年なのかは未解明)。ところが、この周期に乱れが生じてしばらくの間黒点がほとんど消えることがあります。このとき地球上はミニ氷河期になります。
そして、昨年は1年のうち300日間黒点が現れなかったので既にミニ氷河期に入りかけているという説もあります。そして、このごろ世界中を襲っている大寒波もミニ氷河期の予兆ではないでしょうか。

もっとも最近のミニ氷河期は、 1645~1715年に発生した「マウンダー極小期」と呼ばれるものでこの間は太陽の黒点は極端に減少しました。イギリスのテムズ川が厚さ1.5メートルの氷で覆われました。
日本では江戸時代で飢饉が相次ぎ、徳川幕府が倒れたきっかけとも言われています。
また、ミニ氷河期の時代は食糧危機となって世界情勢が不安定となり、いたるところで争いが発生しています。

今度ほぼ確実にやってくるであろうミニ氷河期においても世界中で食糧難が深刻な状況となり、どこかで戦争が始まる危険性もあります。飢饉や病気で約20億人が死亡するであろうとも言われています。

もう既にミニ氷河期は始まっているかもしれないので、地球温暖化対策など悠長なことを言っている場合ではないでしょう。

過去の例をみても地球が温暖な時期よりも氷河期の時期のほうがはるかに悲惨な世界であったことは言うまでもありません。

特に日本は自給自足率が低いのでお金はあっても世界的な食糧不足で必要な食糧を輸入できないかもしれません。

政府は今のうちに食糧確保問題、省エネ問題(寒冷化するとエネルギー需要が高まる)等寒冷化対策を検討し始めるべきだと思います。
ミニ氷河期に突入するともはやこの先何十年も地球温暖化対策は不要になるでしょう。

日本の競走馬のトレセンは欧米に比べ何故労働災害が多いのか

ある競走馬のトレセンを所轄する労働基準監督署の所轄地域全体の労働災害(休業4日以上)の約1/4をそのトレセンが占めています。
災害発生状況は、落馬、突然馬に噛まれた、突然馬に蹴られたなど不意に馬に攻撃されるものが多くなっています。
そこは毎年あまりにも労働災害が多いのでもっと減らさないと労災保険料を上げるぞということで毎年本省から指導が入っていました。

しかし、欧米、特にヨーロッパの競走馬のトレセンは日本に比べて非常に労働災害が少ないです。

それは何故か。

原因は日本のトレセンの安全衛生管理体制に問題があるのではありません。
これは非常に奥深いものがあって、馬は非常に神経質で警戒心が強い動物です。
日頃から世話になっている厩務員と慣れ親しんでいたとしても少し気に入らないことがあれば突然厩務員の肩を噛んだりするのです。
ところが欧米ではこのような労働災害はほとんどないそうです。

これは私の推測ですが、日本とヨーロッパの違いは競走馬に対する歴史の違いからくるのだと思います。
ヨーロッパは馬の生産地で生まれたころから家族同然のように育てていくので馬は人間を敵ではなく家族であるという長年の意識がDNAとして引き継がれ、人間を信頼できる本能が備わっているのではないかと思います。

その点、日本は昔から動物は「畜生」という言葉が象徴しているように、あまり良いイメージでとらえていない歴史があり、その潜在意識としてのDNAが人間ではわからないが、馬は微妙に感じ取ってしまい、「ああ、やっぱり所詮僕は家畜なんだ」と思わせてしまうのではないか。

したがって、日本のトレセンの労働災害を減らすためには、まず、競走馬の生産地から改善していくことがひとつの方法ではないかと思います。
人間も三つ子の魂百までというように馬もこの世に生まれて初めて接する「人間」という動物に対してどのように感じ取っていくのかが勝負のような気がします。おそらく、人間に対してストレスがないほうが本番のレースでも実力を発揮できるのではないでしょうか。

これは人間の赤ちゃんにも言えることですね。
人間も小さいころから親が愛情たっぷりに育てることが人間形成の上で非常に大切なことだと思います。

私の推測は間違っているかもしれませんが、競馬業界はヨーロッパの馬への接し方を研究して成果が出れば、もっと労働災害が減り、かつ、より強い馬に育てることができるのではないでしょうか。

競走馬トレセンの調教助手の帽子は未だに牛革で脳を守れるの?

昔、競走馬の某トレーニングセンター(以下「トレセン」という)で調教助手がレース前の調教をしていたところ、落馬して脳挫傷により死亡した労災事故がありました。
トレセンでは伝統的に厩務員(馬の世話をする労働者)は脳を守るためにヘルメットの着用が義務付けられていますが、調教助手は騎手と同じように牛革の帽子を着用しています。
騎手は野球選手と同じように労働者ではないので、脳を保護する義務はありませんが、調教助手は調教師に雇用された労働者です。
したがって、調教師は調教助手が安全に働くことができるよう労働契約法上の安全配慮義務を負います。

労働安全衛生法では、高所作業における墜落危険防止対策として、高さ2メートル以上の作業場所には手すりを設けることを原則とし、その措置が困難な場合は安全帯を着用させなければならないとされています。
しかし、馬の鞍上の高さは2メートル未満なので適用除外となっており、鞍上に手すりの設置はできないし、調教助手に安全帯などを着用させると落馬したときに引きずられてかえって危険です。

また、高さが2メートル未満であっても最大積載量が5トン以上のトラックの荷の積卸作業など労働安全衛生規則で規定された特定の作業には墜落危険防止用の保護帽を着用させなければならないとされていますが、調教助手にはその規定がないため、たとえ帽子が牛革であっても法違反はありません。

しかし、当時、何らかの再発防止対策を立てないと同じような事故が発生した場合に再び重篤な災害になる可能性があるため、私は事業主である調教師に対して調教助手にも厩務員と同じように墜落危険防止用の保護帽を着用するよう指導しました。

ところが、その調教師曰く、この帽子は日本競馬会が指定したものであるため、勝手にヘルメットに替えるわけにはいかないので日本競馬会に指導してほしいと主張しました。

そこで、私は日本競馬会の責任者を呼び出して指導したところ、この帽子は当時某大学の名誉教授に依頼して1年間かけて完成したものなので、早急にヘルメットに替えるわけにはいかないと主張し、現在に至ってもまだ改善されていません。改善しない理由は、おそらく馬は非常にデリケートな動物なので、騎手の少しの変化にもナーバスになるとしたら、帽子1つをとっても調教助手も騎手と同じ牛革に統一したいという思いが強いのだろうと思います。

要するに競馬の世界は人命よりも馬の調教を優先する世界なのです。