理学系と工学系のマインドの違い

文系の人から見て理工系の人というのは理学系も工学系も同じ志向を持っていると思っている人が多いでしょう。ところが理工系の人間から見ると理系と工学系は全く違う志向を持っています。例えていうと、同じ文系でも法律学と文学の違いくらいの違いがあると思います。
どこがどう違うのか。
根本的にマインドが違います。

一言でいうならば理学系は哲学者で工学系は発明家です。
理学系はものごとや自然現象のしくみなどモノや現象などの真理を追究する哲学を数式や実験、観察などで証明することが理学系です。

工学系は、基本的な法則や理論を使って何か新しいモノを発明するような志向を持つエンジニアタイプです。

したがって、理学系の基本的な志向は何か世の中に役に立つことを目的として研究しようとするものではなく、純粋に何故そのようになっているのか、その本質的なしくみや構造はどうなっているのかという人間の本質的な本能ともいえる知識欲がモチベーションとなっている場合が多いと思います。
私は典型的な理学系でモノづくりや発明にはほとんど興味がありません。

ほぼマインドは哲学系です。
構造に興味があるのは、宇宙、真空、光、ニュートリノ、素粒子、大脳、経済などです。

また、面白いことに同じ学問なのに国によって文系だったり、理系だったりするものがあります。たとえば、心理学は日本では文系に属しますが、欧米では一般的に理系の範疇に入ります。おそらく、統計を扱ったり、精神医学に近い考え方をするからなのかもしれません。

しかし、今の時代、数式は文系と言われている多くの学問で使われています。ほぼ数式を使わない学問は、法律学、文学、歴史学くらいでしょう。
特に経済学などは線形代数など数学を駆使して研究されていますし、金融工学や経営工学などは「工学」と名のつくくらいで、数式が駆使されています。
哲学を数式で証明するのが物理学であるならば、経済のしくみを数式で解く経済学が何故文系なのでしょう?
数式は様々な学問に使われていることから、今や文系と理系の区別をつけることはナンセンスになっていくでしょう。
特にプログラミングなどは、課題の構造を分析し、プログラミング言語を使って論理を組み立てて答えを求めるものなので、文系や理系の区別をする意味がないでしょう。

日本の大学教育においてもこれからは文系と理系のカテゴリーに無理に当てはめないことが求められます。

自分は文系だからとか、自分は理系だからという観念は、いろいろとこれから行動する上で足かせになることでしょう。

数学が不得意だから自分は文系向きだという考えは捨てるべきでしょう。法律や文学を学ぶことを除いては。

数学は今やほとんどの学問で必要な知識です。また、いわゆる文系と言われている学問でも数学的なセンスが必要なときは少なくありません。
これからの日本の教育は、英語、プログラミング言語に加えて数学に力を入れていくべきでしょう。

将来どんな仕事をしたらいいのか悩んでいる方へ

先日テレビで日本で飛び級第1号として高校2年から大学に入学した人のその後の人生について紹介していた番組があった。千葉大学で光の物性の研究をしていて大学院で知り合った女性と結婚し、すぐに子供を授かった。その人はそのまま大学に残って研究職として働いていたが、何年働いても月20万程度しか収入を得ることが出来ず、家族を養っていくことが厳しかったため、自分の研究をあきらめ、収入のよいトレーラーの運転手に転職した。
大学院を卒業しても年収が300万円程度しか得られないいわゆる高学歴プアの人が大学院卒の人のうち約半数いるらしい。

このような研究に限らず、どのようなことでも自分の好きなことをずっと続けながら生活を維持していくことはたいへんなことだ。

毎日好きなことをして裕福に暮らせている人はごく一部の限られた人である。

人間は一般的に学校を卒業すれば働かなくては生きていけない。

好きなことを仕事にすることができれば理想的だが、なかなか理想どおりにはいかない。また、趣味で好きなことをやっているときは楽しかったが、それが仕事となった途端に楽しくなくなるケースもある。

外国人、特に西洋人は仕事は生きがいというよりも生活の糧として自分が好きな時間、好きなことをやるために働くという意識がベースとなっている人が多い。

日本人は、生きがいのある仕事をしたいという人が多い。それは悪いことではないが、よく仕事が趣味という人で定年退職するまでほかに趣味を持たず、家族との楽しい時間も作らず、会社に滅私奉公し、場合によっては過労死するまで働き、やっと定年退職して会社の呪縛から解放されても何もすることがなく、急速に老化して認知症となるケースがある。

このような人生は決して理想的な人生とは言えないだろうが、本人が仕事が面白くて家族や自分の生活を犠牲にしてでも後悔しないということであればそれはそれで別に非難される筋合いではない。

逆に生きがいを持てないような仕事を一生続けなければならないほうが苦痛であろう。

働くということは需要と供給の結果である。仕事に貴賤はない。相手のために何かの行動を起こしたことによって、その報酬を相手からもらえることになれば相手には役に立ったことになるので、その行動が違法な行為でない限りどのような行動であってもそれによって誰かが役に立てばそれは仕事なのである。役に立つということはまさに需要と供給の関係であり、需要が多ければ多いほど供給できる人にとって、収入が増える(サラリーマンであればボーナスアップなど)。

企業活動はまさに需要と供給の関係で成り立っている。それがたとえ人の命を救うのに役立つ仕事でも人の快楽のために役立つ仕事でも需要という意味で価値は同じである。

自分の趣味、好きなことに対して、何らかの形で人に供給し、需要があれば仕事として成り立つ。
しかし、好きなことと才能は別である。いくら好きなことでも才能がなければ仕事にすることは難しいだろう。好きなことなので、努力をすれば能力が向上してニーズが高まるかもしれないが、ある程度のレベルの才能まで達しなければほかの仕事を選択したほうがいいだろう。要するにプロレベルの能力まで達しているかどうかだ。そうでなければニーズは上がらない。

仕事でも嫌いな仕事は決してモチベーションが上がることは期待できないので、適用性は乏しいだろう。好きな仕事でなくとも少しでも興味のある仕事であれば、モチベーションが上がる可能性があるので、スキルアップにつながり、適応していくことが期待される。
仕事への適応能力は個人差があって、人には向く仕事と向かない仕事がある。自分で努力してもなかなか適応できない仕事はやめたほうがいい。

いくら稼ぐことだけが目的で仕事に就いても適応できなければ決して続けることはできないだろう。

私は最終的には公務員の道を選んだ。私の場合、子供のころから好奇心が強い性格で将来は漫画家、イラストレーター、囲碁のプロ棋士、ジャズギタリスト、ジャズピアニスト、大脳生理学者、天文学者、物理学者などになることを漠然と考えていたが、皆趣味が高じてハマったものなので、仕事とは別に趣味でやっていくこととして、そのために当時は民間会社の内定を辞退して残業が少ないと言われていた公務員の道を選んだ。しかし、その後、国家公務員は仕事が増える一方だが人は減らされる一方なので年々残業が増える一方になった。
国家公務員試験に合格するとは思っていなかったので不合格であればそのまま内定していた会社に入っていたが、たまたま運よく合格したので迷わず公務員の道を選んだ。もう1つの理由は特定の民間会社に勤めて一部の人間の役に立つよりもできるだけ多くの人間に役立つ仕事をしたかったからだ。

公務員となってからも物理の研究は休みの日などでときどき続けていた。この数年間に数学を含めて新たな物理の法則を発見してきたが、これも突然閃いたわけではなく、今までの長年の研究の積み重ねの結果、生み出されたものだと思う。

しかし、新しい発見をしたとしても、もともとその研究を職業としていないために世の中に認められることは難しいだろう。趣味で研究している理論がそれを職業としている研究者が認めるということは、その道の権威ある研究者にとっては屈辱的なことあるいは職を失うことになるかもしれないからである。

天動説が当たり前のころは、地動説を唱えた研究者が火あぶりの刑に処せられ、ガリレオも、処刑は免れたが長い間牢獄にぶち込まれた。

昔は新しい理論を打ち出すことは命がけのことだったが、今では打ち出しても誰にも共感が得られなければ、単に世の中から無視されて永久に埋没されるだけで命までは取られない。

しかし、ほかの惑星で人間よりも高度な知能を持った生物がこの事実を仮に知ったとしたら、地球の知的生物は大した知能は持っていないと判断するだろう。

話が少し逸れてしまったが、職業の選択については、偶然性もあるが、好きなことや趣味を仕事にできることが最も理想的だと思うが、たとえそれが難しくても日頃から趣味で続けていくと人生は楽しめるし、それが高じてプロ並みの能力を発揮して仕事に結びつくことになる可能性もあるので、仕事と趣味を切り離して仕事は仕事、趣味は趣味として割り切って生きる人生も大いにアリだ。

宇宙の構造の解明

私はプロフィールにも記載したとおり、趣味で理論物理や数学を研究しています。7年ほど前に「複素ベクトルと三元数」というタイトルの本を自主出版し、それは今でも大きな書店には置いていただいています。従来、複素数の概念は2次元(実数と虚数)しかありませんでしたが、幾何学的3次元の虚数が存在することを発見し、複素ベクトル空間の任意の位置において、微分や速度、加速度の計算等数学や物理など広範囲に応用できるものであり、併せて多くの公式を発見しました。

たとえば、同じ数を掛けてー1になる数(虚数)は1つしかないことになっていますが、回転を行列で表わす(1を90度回転させると虚数(i)になる)と虚数は無数に存在することが分かり、その虚数の一般式を発見しました。これを私は「楕円虚数」と命名しています。

これらの様々な発見のおかげで、「3次元空間におけるグリーンの定理」についても私の発見がなければ2次元の世界までで数学の歴史は止まったままになっていたはずです。これはまだ正式に世の中に認められた定理ではないので断言はできませんが2次元の定理を受け継いだ非常に美しい数式になっていて私は絶対に正しいという自信があります。世の中はいつ気づいてくれるんでしょうね。

私は大学で物理学科に所属していたことからもわかるように、もともと宇宙の構造や素粒子の構造などに興味があったので、昔から理論物理の研究を趣味で行っていたところ、たまたま満員の通勤電車の中で物理に関する思考実験をしていたときに、第2の虚数が閃いたので、しばらくは数学の研究をしていたわけです。

しかし、趣味の本業は数学ではなく、物理学なので、物理学の分野においても多くの法則を発見しております。それらをまとめて1冊の電子書籍で出版するために執筆していましたが、仕事が忙しくてなかなか執筆モードになれないときが多かったので、全部まとめるには今後も相当な時間を要すると思い、いくつかの発見ごとに分けて出版していくことにしました。

まず、最初に宇宙の構造に関する発見について5月12日に、amazon  kindleストアから電子書籍として「宇宙空間の新しい構造」というタイトルで出版しました(定価250円。kindle Unlimitedなら無料)。
この本の内容はビッグバン宇宙論を否定する根拠を書いたもので、決定的な証拠としては、宇宙空間の構造として私が予測した数式にNASAで公開している多くの銀河のデータを代入するとそのグラフがきれいな直線状に並び、予測した数式に含まれる定数が導き出されたという事実です。
その定数は148億年と出ました。

この結果、銀河光線の赤方偏移の原因が宇宙空間の膨張によってすべての銀河が遠ざかっているからではなく、また、宇宙背景放射の存在理由が138億年前に宇宙が誕生して138億年間にわたる宇宙空間の膨張によって光の波長が伸びたとする必要性がなくなりました。
のであったと仮定した場合に夜空の明るさが無限大になるという矛盾(オルバースのパラドックス)及び全宇宙に存在する銀河から受ける重力が無限大になってしまうという矛盾(ゼーリガーのパラドックス)も私が予測した数式によっていずれも無限大が解消されることがわかりました。

以上のことを主たる証拠として、ビッグバン宇宙論の多くの矛盾点を指摘し、ビッグバン宇宙論は間違っていることを証明した本です。

宇宙には果てがあるのか、宇宙には始まりはあるのか、ビッグバン宇宙って本当に正しいのかなどの疑問や興味のある方は是非読んでみてください。
下の「宇宙空間の新しい構造」をクリックしていただければkindleストアにリンクして購入することができます。

宇宙空間の新しい構造

宇宙空間の新しい構造: ~反ビッグバン宇宙論~

 

複素ベクトルと三元数

複素ベクトルと三元数